起業成功に必要な4つの共通点は?先行事例19社から徹底分析!

先行き不透明な社会・経済状況下で起業を志す人が増えていますが、起業を成功させるにはどうすれば良いでしょうか?

起業に際して、今後自分が取り組むべき分野や内容について慎重に検討し、研究する姿勢がなければ、成功することは難しいでしょう。

この記事では、様々な分野での起業の成功事例を取り上げ、詳しく解説していきます。

ジャンル別:起業成功事例

起業には様々なジャンルがあります。

  1. 1円起業
  2. ネットで起業
  3. 地方で起業
  4. 女性・主婦の起業
  5. シニアの起業
  6. 週末起業
  7. クラウドファンディングで起業
  8. それぞれでの成功事例などを解説します。

1円起業

新会社法の制定(平成17年)により、1円の資本金で法人を設立することが可能となりました。そして、実際に1円起業などの低資金で起業(スモールビジネス)して、成功した起業家はたくさんいます。

まず最初に、画期的な1円起業の事例を取り上げます。

合同会社アマガエル

同社は、当時中学3年生だった創業者によって設立されました。

この中学生は、一般家庭に育ったため起業資金がなく、設立資金が株式会社よりも安い合同会社を選択しました。登記費用などを含めて、実際には7万円ほどの資金を個人のお小遣いなどから充てています。

QOL向上等を⽬的としたスマホ・タブレットやPC向けアプリ等の企画・開発を手掛けており、まだ収益化には繋がっていませんが、スキルと自信を持って事業を継続しています。

ネットで起業

IT技術の進展に伴い、インターネットを活用して起業するのはもはや常識となっています。
上述した1円起業の例を挙げるまでもなく、ネットで起業すれば、必要資金はほとんどかかりません。

ネット系事業としては、すでに広く認知されているアフィリエイトや物販、ネットショップ経営や各種サロン、またマッチング系サービスや、ゲーム・ECアプリ関連、B2B系など、多岐にわたる分野が挙げられます。

数あるネット起業の中で、ユニークさが際立っている成功事例をいくつか挙げてみます。

ほぼ日刊イトイ新聞

著名なイラストレーターである糸井重里氏の事務所が運営するECアプリ系サービスです。

細かく絞り込んだ特定のターゲット層に対して、商品にストーリーを持たせ、魅せるメカニズムを持つサービスを提供しています。

同サイトのコンセプトである「より特定層の人向け」に「ストーリーを持たせること」が、他のECアプリとの差別化に成功したポイントとなっています。

堀江貴文イノベーション大学校

こちらも著名人が主催するものですが、ネットによるオンラインサロンの成功例として取り上げます。

約30の分科会グループによって構成されており、その中からやりたい事を選んでいくものです。

サロンオーナーの堀江貴文氏は、ビジネスイノベーターとしても経営者としてもその手腕を評価する人は多いです。

ストアカ

マッチング系ビジネスの成功事例として取り上げます。ビジネススキルから趣味の習い事にいたるまで、自分が得意なことを教えたいと思っている人と、スキルを学びたい人をマッチングするサービスです。

各講座の成約手数料が同サイトの収益源(成約手数料15%)となっています。

この他にも、ネット系起業は枚挙に暇(いとま)がありません。それぞれの目的やスキル、志向に沿って、自分に合った分野のネットビジネスを研究してみてください。

地方で起業

IT技術の進展や、政府も主導する働き方改革に伴うワークライフバランスの変化などの社会・経済環境の変化によって、地方での起業ハードルも非常に低くなっています。

地方で起業した成功例について解説します。

シタテル

熊本県のベンチャー企業で「衣服生産のプラットフォーム」をキャッチフレーズとして活動しています。

ニーズ元の個人や企業と、全国に展開する工場や職人を繋ぐことで、衣服を作りたい要求に応えることに成功している、マッチング系ビジネスです。

全国に展開する様々な衣料系工場の稼働率を向上させ、IT技術を活用して地域創生に貢献した、地方起業における成功の際たる事例といえます。

ヤマゼンコミュニケイションズ

栃木発にあるWeb制作会社で、地元のグルメやファッション、またアミューズメントなど、あらゆる情報がチェックできる“栃ナビ”も運営しています。

実際にそのスポットを訪れた人々からの「口コミ情報」だけで構成されているため、信憑性も高く、地域貢献度も非常に高いコンテンツとなっています。ネット系ビジネスと組み合わせ、地域創生に貢献するお手本の存在です。

霧島酒造

焼酎ブランドとして全国的に有名な、宮崎県の超大手酒造です。特産品のさつまいもを原料とし、80年以上にわたって全国の焼酎ファンに愛される、宮崎の代名詞的存在です。

現在では、地元貢献と還元の意味も含め「焼酎の里・霧島ファクトリーガーデン」を運営し、県外からの観光客誘致にも貢献しています。

女性・主婦が起業

女性参画社会やジェンダーフリーが叫ばれる状況下、多くの女性や主婦が起業し、成功を収めています。その中から、新たな発想で起業に成功している女性や主婦の事例をいくつか取り上げて解説します。

cotree:櫻本真理氏

カウンセリング関連サービスを主催しています。代表の櫻本氏が、自身の体験から、投薬以外の治療を必要とする人向けに、気軽に相談できるカウンセラーによるオンラインカウンセリングサービスを開始しました。

その後、起業家向けのメンタルヘルスケアサービス(escort)を開始するなど、事業を拡大しています。

Zaim:閑歳孝子氏

閑歳氏は慶應義塾大学卒業後、ITベンチャーを経てプログラミングの知識・スキルを独学で身につけ、家計簿サービス「Zaim」を開発・リリースしました。

家計簿アプリとして数多くの主婦から高く評価を得ており、ダウンロード数は500万を超えています。最近では、写真スライドショーサービス「Smillie!」や、SNS上のトレンド発言集「ReTweeter!」など、さまざまなツールを開発しています。

木風:後藤瑞穂氏

後藤氏は、子育ての傍ら樹木医の資格を取得し、熊本県では初となる女性樹木医として、樹木の治療や保全事業などを展開しています。

上京後、同社を設立し、日本初となる「樹を切ることなく樹木の腐朽診断を実施する」技術を駆使し、数多くの環境事業に貢献しています。

恵まれない樹木を守るため、NPO法人「フォー・エバー・ツリー・ネットワーク」を設立し、全国の樹木を支援する活動を展開しています。

キャリア・マム:堤香苗氏

自分の子育て体験から、「女性は結婚をして子供を産むだけでなく、その後も自分らしく生きていける」という、堤氏の思いが同じ環境にある多くの母親に支持され、当初わずか3人で始めた育児サークルは、10万人を超える母親ネットワークへと拡大しました。

20年以上にわたって働く女性の支援を行っており、主婦の在宅ワークやキャリア支援、また託児スペース付きワークスペースの運営など、幅広い事業を展開しています。

シニアの起業

長年の社会経験やスキルと実績、また豊富な人脈を有するシニア層は、起業しても成功する素養を十分有しています。様々な成功例がありますが、そのいくつかを取り上げます。

カフェライサー:村上孝博氏(65歳)

村上氏は銀行を定年退職後、職業訓練プログラム(介護・農業・米粉パン)を受講し、米粉パンとシフォンケーキの製造・販売事業で起業しました。

社会に役立つ起業を志し、日本の長年にわたる課題の一つであった、米の消費拡大のため、「米粉」のパンとシフォンケーキを提唱し、現在は横浜で「カフェライサー」を開業、地域コミュイティにも貢献しています。

NPO法人エガリテ大手前古久保俊嗣氏(61歳)

商社マンとして世界で活躍していた古久保氏は、同窓会への参加をきっかけに、男女共同参画社会の理念に共感し、NPO法人エガリテ大手前を起業しました。

その後、祖父の子育て参画を促進するソフリエなど、独自企画を次々に提唱し、全国の自治体などとも連携して普及活動を行っています。その後、ソーシャルビジネスをキーワードに、ますます活動を拡大しています。

NPO法人シニア大樂:藤井敬三氏(74歳)

広告代理店勤務だった藤井氏は、定年後10名の仲間と共同で「元気な高齢者の社会参加」支援を目的に、NPO法人シニア大樂(だいがく)を設立しました。現在では、500名を超えるシニア講師のコーディネートなどを通じ、事業を拡大しています。

余禄で、シニア社会人落語家として「笑いと娯楽の講座」を企画し、大盛況のようです。

週末起業

週末起業とは、現在所属している会社を辞めずに、土日や休日を中心とする「週末」に限って事業を展開する形態を指します。副業とも似ており、リスクを最小限に抑えながら、起業の可能性を探りたい人に適しています。

手作りウェディングドレス:富岡保彦・まち子夫妻

富岡ご夫婦が、手作りキットによるウェディングドレスの製作・販売を週末起業として手掛けたものです。

ご主人が平日、朝4時から7時までの時間にDVD制作や編集、会社の昼休みにメルマガやWeb記事作成などをルーチンとして活動を開始し、事業の礎となりました。

週末英会話サークルLibra☆StarMayu氏

多忙な主婦業の合間を縫って、週末に英会話サークルを運営しています。

子育てがひと段落した時期に、英会話サークルのアシスタントをしたことがきっかけで、ネイティブ英語教師と一緒に気軽に楽しく英会話を学ぶ機会を目指して週末起業しました。

エスイープラン:江田暁氏

江田氏は、20年以上にわたる企業の人事経験を活かし、個人の特性や価値観を活かした就職支援カウンセリングで週末起業しました。

週末中心に、また平日でも依頼が入った際には仕事を定時に退社後の19時頃からカウンセリングを実施し、収益に結びつけています。

なお、週末企業の方法については【副業から週末起業!サラリーマンも安心なアイデアと注意点・税金対策】で解説しています。

クラウドファンディングで起業

起業にあたって必要となる資金を調達する新たな手法として注目されているのがクラウドファンディングです。文字通り、クラウド(群集)からファンディング(資金調達)することで、事業資金に充当するものです。

この手法による成功事例も多数あります。

谷上プロジェクト

ビジネス系SNSとして有名なチャットワークの創業者・山本敏行氏が発起人となって推進された、神戸市の谷上(たにがみ)町を活性化させるためのプロジェクトです。

2,674万8000円を集め、行政からの強力な支援を獲得しています。

島戸ゲストタウンプロジェクト

主催者の森脇氏が、出身地の下関で「イルカが選んだ奇跡の海・角島が望める空家をリノベ」というコンセプトで実施しました。

1,030万6000円が寄せられ、地元でのムーヴメントが盛り上がりました。

道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト

鉄道産業の町として知られる山口県下松市が、通常は夜間に行う車両の陸送を、地域PRのために、昼間に運ぶ様子をイベントとして企画しました。
604万円が集まり、特に「鉄ちゃん」こと鉄道ファンに絶大の人気となりました。

起業成功事例 4つの共通点

さまざまな分野での起業成功事例を解説してきました。
成功事例の共通点として、次のような項目が浮かび上がります。

  • 日常生活上や、周辺環境から感じる社会の「ニーズ」に着眼していること
  • 自分の培った経験スキル・ノウハウを活かしていること
  • 現状を改善するためのヒントを提示していること
  • 取り組む事業に対する熱意思い入れがあること

こうした共通点は、今後起業する際に参考となるポイントといえるでしょう。

起業で成功するためのポイント

アントレカレッジでは「成功のフレームワーク」と呼ばれる起業ノウハウを提供しており、初心者の方でも堅実に収益を得られる仕組みを構築しています。

その仕組みについては無料のオンラインセミナーでも講師である菅野・中村が解説しているため、ぜひご参加ください。

また、過去に起業の成功ポイントを記事にまとめています。これから起業するという方にも分かりやすいように順序立て、必要なタスクを整理してお伝えしています。ぜひ、下記の記事もご一読ください。

【7STEP】個人起業で成功するには?資金・手続きもこれで理解!

副業から週末起業!サラリーマンも安心なアイデアと注意点・税金対策

起業の仕方 5段階を解説!ゼロから資金集め〜事業開始まで完全理解

アントレカレッジ受講生の成功事例

また、当サイトではアントレカレッジのコンサルティングを通して成功を果たした会員様へのインタビューを掲載しています。

こちらのインタビューにも「成功へのヒント」がたくさん記載されているため、ぜひご一読ください。

1年で新規事業の連続立ち上げに成功!星野真様

物販事業で仕組化をして利益200万突破!!次のビジネスへの基盤が出来ました!山本真之様

グループホーム事業が1年で黒字化&ほぼ満室!佐々木喜久男さん

まとめ

将来へ向けて起業を志し、前向きに進んでいくことは素晴らしい人生のチャレンジでもあります。

この記事を読んで、取り上げた事例からヒントを得て、自分の目指す起業の参考としていただければ幸いです。

 

>『幸せな経営者』を1,000人輩出する

『幸せな経営者』を1,000人輩出する

「起業の専門学校-アントレカレッジ-」は、ただ起業家を輩出するだけの学校ではありません。

私たちは約20年もの間、多くの起業家や経営者のコンサルティングをしてきました。 そこで感じるのは、多くの日本の経営者は、売上にとらわれ「くたびれた」「不幸な」経営者ばかりだということです。そんな現状ではますます起業を志す人がいなくなってしまいます。

そこで大事なのは、まさに私たちのような「幸せな経営者」を育成することなのです。壮大なビジョンですが、決して不可能ではありません。 なぜなら、私たち自身が「幸せな経営者」だからです。

私たちがこの20年間で培ってきた経験やスキル、ノウハウを多くの人に広めていきたいと思っています。

CTR IMG