起業とは何か?代表的な8つの起業方法とイチから資金調達の流れを解説

起業とは?知らないと損する4つの方法とゼロから資金調達の流れを解説

起業とは「8つの代表的な方法」に分けることができるのはご存知でしょうか?

この8つの代表的な起業方法とは以下のとおりです。

  1. 個人事業主
  2. 会社設立
  3. プチ起業
  4. 1円起業
  5. 社会起業
  6. IT起業
  7. ネット起業
  8. SNS起業

この起業方法8つを把握することで、自分がどの起業方法に向いているのか理解することができ、起業に向けてやるべきことが明確になります。

やるべきことが明確になれば、起業の成功確率は格段に向上するでしょう。

実際、1円起業は1円で登記できるという意味であり、「1円あれば商売ができる」と誤解して起業してしまうと失敗する可能性は高いです。

アントレカレッジではこれまで100種類以上の業種でさまざまな形態の起業コンサルを行ってきましたので、幅広い起業成功ノウハウが蓄積されています。

8種類の起業方法を解説し、それぞれの起業で重点を置くべき場所についてこの記事でお伝えしていきます。

ざっくり言うと
  • 起業、創業、開業、独立はそれぞれ異なる意味を持つ!
  • 起業と一口に言っても8種類に分けられる
  • 目標と事業を決め、コンサルに相談し、資金確保が企業への道
  • 起業については、他にも資金調達やビジネスの基本用語など知ると知らぬで大きく変わることが多数!
  • アントレカレッジでは、日本やシンガポールで活躍する菅野一勢や中村司が自ら、無料のオンラインセミナーで、起業のアイデアと出し方、経営に必要なマーケティングや集客、セールスの重要ポイントについて最新のビジネス事例を元に解説しています!
  • 今なら無料で受講が可能です。
  • ※オンライン受講で自宅から参加出来ます!


 

起業とは何か

起業とは何か

まずは前提として「起業とは何か」について説明しましょう。

起業とは「業」を「起こす」こと、すなわち新しい事業を始めることを指します。

ベンチャー企業を起ち上げたり、フリーランスをしたり、個人でお店を経営したりするなど、起業の仕方にも多様な選択肢があります。

ただし、既存の事業を継承したり、今まで取り組んできた事業を拡大したりする場合には起業ではありません。新規事業を考案して開始することを意味するのが起業の特徴です。

起業と関連する言葉との違い

起業 とは 意味

起業に関連した言葉に「創業、開業、独立」があります。

創業とは何か、または開業とは何かなどについて考えたことはあるでしょうか。

どの言葉も新しい事業の開始と関連性が深いのは確かですが、何が違うのか見ていきましょう。

創業とは

起業とは何か 創業

創業とは「業」を「創る」ことを意味します。新しいビジネスプランを創出して事業を始めるという点では起業と同じ意味合いを持つ言葉です。

起業と異なるのは、新しく事業を起ち上げた事実を過去に遡って言及するときに用いられる点です。

「創業10周年」「2000年創業」という使い方はできますが、「2050年創業予定」「1年後に創業する」といった形では使用しません。

起業の場合には現在から未来において事業を始めるときに用いるのが基本で「2050年起業予定」「1年後に起業する」という表現がよく用いられています。

講師 中村司
創業は、起業を現在の立場から過去を振り返ったときに使う言葉ですね。起業は現在から未来軸で使われるので真逆の意味合いのように思えます。

開業とは

起業とは何か 開業

開業とは「業」を「開く」ことを指すので、やはり事業を始める意味を持ちます。

個人が事業を始めるときに開業という言葉を使用されることが多いです。

また、新店舗開業という表現も用いられるため、店舗やサービスなどを拡張した際にも開業という言葉が使われる場合があります。

講師 菅野一勢
起業と開業、意味合いはほぼ同じですが、個人事業主が起業するときに税務署へ出す書類が「開業」というのでややオフィシャルな雰囲気があります。
また法人が会社を起こす際にはあまり「開業」とは言いませんが、個人事業主の場合には「開業」とよく言われますね。この点も違いの1つでしょう。

独立とは

起業とは何か 独立

独立とは「独り立ち」をすることを意味します。

社会人として働いていた人が会社を辞めて事業を始めるときに用いられる言葉です。

起業や開業と同じ意味で使われることも多いですが、独立の場合には会社員として働いていたときに携わっていた仕事と関連性が深い事業を始めるのが特徴です。

会社で働いていた人が独立して子会社の経営者になるというケースでも独立という言葉がよく用いられています。

講師 中村司
厳密に考えると、属していた組織から離れた段階で「独立」とは言えますが、この状態ではまだ「起業」とは言えません。
つまり、独り立ちした段階で独立とは言えますから、起業より一歩手前で使用することができる言葉なのです。
起業とは?経営と区別し事業を成功!開業・独立・創業との違いも考察】ではより詳しく起業とそれに類似する言葉を解説し、起業家として成功するための方法をご紹介しています。

起業の代表的な方法とは

起業の代表的な方法とは

ここまで「起業とは何か」について、関連性の高い語句と共に解説しました。

次に「起業の代表的な方法とは」というテーマで、以下8つの方法を紹介します。

  1. 個人事業主とは
  2. 会社設立とは
  3. プチ起業とは
  4. 1円起業とは
  5. 社会起業とは
  6. IT起業とは
  7. ネット起業とは
  8. SNS起業とは

個人事業主とは

起業 とは 個人事業主

自分自身が事業主となって経営する起業方法を個人事業主と呼びます。

個人事業主になるには税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書」を提出するだけなので比較的簡単です。

この開業届には事業所の所在地や事業内容を記述する必要がありますが、費用も労力もほとんどかけずに起業し、経営者として手腕を振るうことができます。

会社設立とは

起業 とは 会社 設立

会社設立とは、事業目的の組織を起業する方法です。

会社としては株主を募って資金調達をする株式会社と経営者自身が出資をする合同会社が主流です。

どちらの場合にも法人格を取得し、経営者の資産とは区分された会社の資産を使って事業を進めます。

会社設立をすると法人として認められるため、社会的な信用が高いのが特徴です。

そのため、銀行から融資を受けたり、他社との業務提携をしたりする上で有利になります。

ただ、起業の際には法人登記が必要なので費用負担が大きくなります。

個人事業主としてではなく、会社設立の方向で考えていらっしゃるのであれば【一人で会社を作る方法の メリット・デメリットや費用・手続きを徹底解説】をご一読ください。

プチ起業とは

起業 とは プチ起業

プチ起業とは、個人でできる範囲の小規模なビジネスを意味します。

仕事経験や趣味、特技などを生かして楽しく自分らしい仕事をしてお金を稼ぐことを目指します。趣味を収入にしたいと考えた主婦から人気が高い起業の仕方です。

下記記事では主婦・女性起業について詳しく解説していますので、こちらも参照ください。

女性起業の成功アイデア15選|助成金や注意点をわかりやすく解説

主婦起業は失敗傾向?自宅・多忙でもできるアイデア集・成功例を紹介

1円起業とは

起業 とは 1円起業

1円起業とは、資本金1円で会社設立をする方法です。そして、資本金とは事業を始めるための初期費用と当面の運転資金を指します。

2006年の会社法改正によって資本金は1円でも認められるようになりました。

改正以前は株式会社の設立には1,000万円の資本金が求められていましたが、1円でも起業するだけなら可能になっています。ただ現実的には1円で済ませられるのは資本金だけです。

法人登記の登録免許税は必須で、株式会社の場合には定款認証のための費用もかかります。事業展開に必要な設備資金や運転資金も調達してようやく起業できるのが実情です。

1円起業の成功ガイド|1円起業のアイデア5選 副業・週末起業も可】で詳しい解説をしているので、興味のある方はご一読ください。

社会起業とは

起業 とは 社会起業

社会起業とは以下3つに定義されています。

  1. 社会性
  2. 利益の追求
  3. 革新性のある起業

社会性とは、貧困や教育、地方の活性化や少子高齢化、子育てや介護など、現代社会が抱える様々な弊害や問題点の解決にフォーカスすることとされます。

このため社会起業から生じる利益は、株主への還元よりも社会的活動への投資や事業継続・拡大に使われます。

そして革新的な方法で社会問題に取り組む一方、長期的に社会貢献を継続させることが必要です。

こうした活動の結果、起業後も社会的責任を果たし、また倫理や公序に貢献する視点を磨き上げていくことが、社会起業の基本的な姿勢です。

社会起業の形態は特別に定められていません。株式会社をはじめ、保証有限責任会社や産業・共済組合、コミュニティ利益会社、一般社団法人など、様々な組織形態での起業が可能です。

アントレカレッジでは「四方よし」の起業を推奨しています。

これは「売り手・買い手・世間」の3方に「神様」を合わせた当スクール独自の考え方です。

社会や神様が見ても「よし」と言える起業は社会起業との相性も良く、社会起業を考えている方はアントレカレッジでその思いを形にすることができるでしょう。

 

IT起業とは

起業 とは IT起業

IT起業とは、IT業界での起業を指します。

斬新で目新しい商品やサービスを考案し、社会に対して大きなインパクトを与えることで注目されます。GAFAMがその代表例です。

IT起業の代表的な地域として米国シリコンバレーが挙げられます。

最先端技術が集約し、多くのスタートアップ企業が革新を生み出すIT業界に魅力を感じて参集します。

IT起業は最新のITを習得・活用できる以外に、他の産業分野と比較して初期投資が少なくてすむメリットや短期間で効率的に起業できるメリットがあります。

競合も激しいですが、リターンも莫大で、GAFAM以外にアリババやメルカリなど、近年登場した多くの大企業はIT起業家によって生み出されています。

IT起業には最低限コンピューターテクノロジーをベースとしたITに対する理解と一定のスキルが必要です。

大学や専門学校などで起業に必要なITスキルを学ぶことで、IT起業家への素養が養えます。

webサービス起業とも言いますが、こちらは【 webサービス起業を初心者が失敗しない5ステップ|注意点5つも解説 】にて解説しています。ぜひ、IT起業に興味がある方はご覧ください!

ネット起業とは

起業 とは ネット起業

ネット起業は、事業の全てをネットで完結する事業形態を指します。

例えばパン屋でいえば、これまで店頭でパンを販売してきたパン屋がネット販売を始めた場合、ネット起業ではなく、ネットの活用となります。

例えばネットショップでの起業では、商品紹介・売買・配送・決済完了までの全工程がネット上で完結します。

ハンドメイド商品をネット上で販売し、売買から配送、代金決済まで全ての肯定がネット上で完結する場合はネット起業と言えます。

ネットショップに限らず、動画販売や情報商材提供、ネット広告掲載など、ネット起業にも種類が豊富です。

ネット起業は小資金で開業できるメリットがあります。また、時間・空間の垣根がないため、世界中のユーザーの目に触れ、購入されるチャンスがあります。

SNS起業とは

起業 とは SNS起業

SNS起業とは、FacebookやInstagram、TwitterなどのSNSサービスを活用して起業する形態です。

ひとりで始められ、広告・宣伝費用などのコストも一切不要なところがSNS起業の利点です。

SNS上の顧客は自分とつながっているユーザーなので、開発し、提案する商品やサービスをターゲット顧客に紹介する形となります。

このため、きめ細かい顧客対応やフォローが可能となり、1on1でのビジネスとして有望です。

SNS起業では、SNSへの投稿という形でビジネスを展開するため、文章や写真・動画などを通じて商品やサービスをアピールします。

これに伴い、商材を表現するアピール能力、魅力を正確に伝える文章力が求められます。

そして、最も大切なスキルは「投稿を継続する」です。

個人的なつながりをベースとするビジネスなので、常に商品やサービスが最新の状態でアップデートされているという信頼感がポイントです。 

SNS起業の歴史は浅いですが、アントレカレッジでも注目しており、いち早く「SNSマーケティング講座」を開設しました。

なお、当スクール会員の曽根浩平様はYouTube広告で240万円の月収を達成されています。

どんな事業でもSNS活用は必須とも言えるので、SNSを活用して起業にレバレッジをかけたいという方はぜひ無料セミナーで詳細をお聞きください。

起業に必要な準備とは

起業に必要な準備とは

個人事業主でも会社設立でも起業するのには準備が欠かせません。

起業するとはどういうことなのかを詳しく理解するために、一般的に起業時に必要になる準備について以下の流れを見ておきましょう。

  1. 起業目的と事業内容の決定
  2. ビジネスモデルの策定
  3. コンサルタントへの相談
  4. 事業資金の調達

1. 起業目的と事業内容の決定

起業 とは 事業計画

起業するには明確な目的を立てて、事業内容を決めることが必要です。

経営者になって事業をやりたいという漠然とした気持ちで、起業自体を目的にする人もいます。

しかし、目的意識を持って起業しなければ事業を挫折することになりかねません。

もちろん起業してお金を儲けたいというのが本音でも構いません。

高齢化対策に協力したい、教育の悩みを抱えている人を助けたいといった社会貢献の気持ちを込める考え方もあります。

このようにアントレカレッジでは「逆算型の計画」を推奨しています。

つまり、ゴールを先に決めてしまい、それを実現できる選択肢を選ぶということです。

例えば年商1億円を達成したいのであれば、縮小傾向にある業種を選ぶことは不適切です。

どの業種を選べばゴールできるのか、夢が叶えられるのか。先に目的を決めることで、現実的な道筋を立てることが可能なのです。

2. ビジネスモデルの策定

起業 とは ビジネスモデル

起業したら利益を出さなければなりません。ビジネスモデルを考えて収益を得る仕組みを作り上げるのが起業する際には重要になります。

市場調査をしてニーズがある事業かどうかを検討し、利益を生み出せるビジネスモデルを策定しましょう。

ただし、当スクールでは起業前にしっかりとした事業計画書を立てることは推奨していません。

それよりも「この時点」で「成功できる業種」を選ぶことこそが大事だからです。

中には何ヶ月もかけて事業計画書を作る人もいますが、作り出してから始めるまでに競合他社が既に事業を始めてしまっているケースもあります。

こういったリスクを避けるためにもスピード感のある起業をアントレカレッジではサポートしています。

【スピード狂】起業家の最大の武器とは?(中村司)

3. コンサルタントへの相談

起業 とは コンサルティング

起業して成功できるビジネスなのかどうかを判断するのが素人では難しいこともあります。

本当に利益を得られる可能性があるのかが不安になったときには起業コンサルタントに相談しましょう。

第三者の視点から収益性のある事業なのかを評価し、改善の方策を提案してくれます。

起業に必須というわけではありませんが、初めての起業ならコンサルタントに意見を求めておくと安心でしょう。

当スクールのセミナーでも個別相談会を行なっています。こちらで講師に相談いただくことも可能ですので、まずはセミナーへご参加ください。

 

4. 事業資金の調達

起業 とは 資金調達

起業アイデアが明確になって利益を得られるビジネスを進められると考えられたとしても資金がなければ起業することはできません。

事業資金の調達を事業の検討と並行して進めることが必要です。

事業資金は個人事業主の場合には自己資金から大半を供出します。貯蓄や投資を通じて資金を工面して起業するのが一般的な流れです。

アントレカレッジでも無借金起業を推奨しており、実際に起業初心者のかたが100万円の資金で海外起業を連続で行った事例もあります。こちらは無料セミナーで詳細にご紹介しています。

一方、会社を設立する場合には外部調達をしやすくなります。

事業計画書を作成して予算を考え、銀行融資やクラウドファンディングなどを活用して必要な資金を獲得することが起業には欠かせません。

講師 中村司
ただし融資を受けることを前提に起業するのはおすすめできません。融資を受けて失敗したら手元には借金が残ってしまうので、あまりにもリスキーだからです。
それよりも自己資金でできることをやる「身の丈経営」がおすすめ。低資金でも成功できる方法をアントレカレッジでは指導しています!

起業における資金については下記記事にまとめていますので、ぜひご一読ください。

起業の仕方 5段階を解説!ゼロから資金集め〜事業開始まで完全理解

起業するためにお金はいくら必要?4種類の事例と資金調達方法を解説

借金起業のリスクと対策8選|負債を減らす方法と撤退基準も紹介!

まとめ

起業とは新しい事業を始めることで、個人事業主になるか会社設立をするのが代表的な方法です。経営者として自分がやりたい事業を進められる魅力があります。

起業するには目的を考えて利益を生み出せるビジネスモデルを策定し、事業に必要な資金の調達をする必要があります。事前準備が大変なのは確かです。

しかし、起業は自己実現をしやすい魅力があります。今後の社会での働き方を考えるなら企業も選択肢として検討してみましょう。

関連記事

>『幸せな経営者』を1,000人輩出する

『幸せな経営者』を1,000人輩出する

「起業の専門学校-アントレカレッジ-」は、ただ起業家を輩出するだけの学校ではありません。

私たちは約20年もの間、多くの起業家や経営者のコンサルティングをしてきました。 そこで感じるのは、多くの日本の経営者は、売上にとらわれ「くたびれた」「不幸な」経営者ばかりだということです。そんな現状ではますます起業を志す人がいなくなってしまいます。

そこで大事なのは、まさに私たちのような「幸せな経営者」を育成することなのです。壮大なビジョンですが、決して不可能ではありません。 なぜなら、私たち自身が「幸せな経営者」だからです。

私たちがこの20年間で培ってきた経験やスキル、ノウハウを多くの人に広めていきたいと思っています。

CTR IMG