起業とは?経営と区別し事業を成功!開業・独立・創業との違いも考察

以前、コロナ禍の影響により「起業をしよう」と考えている人が増えているということを【起業するなら今?世界情勢と国内情勢からその理由を徹底解説】でお伝えしました。

ところで「起業」とは何でしょうか。また「経営」との違いはどこにあるのでしょうか。

起業と経営の違いを明確に認識している人はどの程度いるでしょうか。

起業と経営の違いを理解していないと、事業を立ち上げてから成長・拡大させる上で大きな問題を抱えることとなります。

そこでこの記事では、これから起業をする方が成功するために下記のことを解説します。

  • 起業と開業、独立、創業、経営それぞれの違い
  • 経営者と起業家の違い

起業・開業・独立・創業・経営それぞれの違いとは

よく事業を始める際に、起業・開業・独立・創業・経営など様々な表現を耳にしますが、それぞれの意味をご存知でしょうか。

事業を始める際、何となく「起業」という言葉を使っている方もいるかもしれませんが、それぞれの言葉には明確な違いがあり、受けられる支援や対象となるセミナーなどが異なる場合があります。

つまり言葉の意味を明確に理解していなければ、有力な情報を得られないリスクがあるとも言えます。

そこで本項では起業・開業・独立・創業・経営の言葉の意味を分かりやすく説明します。

起業とは

起業とは、文字通り「業を起こす」、すなわち新しい事業を始めることを指します。

最近では、起業という表現が、ベンチャーやスタートアップといった、新しい事業の概念を示す表現と関連づけて取り上げられるようになっています。

起業が社会から期待される役割としては、革新的なアイデアや技術をベースとして新規事業に参入し、世の中に新しい価値を提供することが挙げられます。

また、イノベーションを通じて既存のサービスや商品を画期的に進歩させ、これまで課題とされていた問題点を解決することが大きな使命といえるでしょう。

続いて、起業と混同されやすい表現でもある開業・独立・創業について、それぞれ解説していきます。

開業とは

開業も新しく事業を始めることを意味しますが、その違いは「誰が事業を始めるか」という点にあります。

開業は、法人としてではなく、個人が新しく事業を始める際に用いられる表現です。例えば、個人で飲食店や古着屋を開業する場合などがこれに該当します。

呼び方の由来としては、個人が事業を始める際に所轄の税務署に開業届を提出することからきているともいわれています。なお、法人として登記申請を行う場合には、法人設立届出書を提出します。

独立とは

会社を辞めて独立する場合など、イメージとしては起業に近い感触がありますが、実際には独立と起業は異なった概念です。

独立のより鮮明な意味合いとしては、自分以外の他者に頼らないことで、具体的には会社を退職した後、どこにも属していない状態を指します。この状態を経て、その先に実際に起こすアクションが起業となります。

創業とは

創業は、起業や開業と同じく、新たに事業を始める意味ですが、位置づけが異なります。

普段よく耳にする言葉として、企業の「創業○周年記念」や、「昭和○年創業」などと表現されます。

このことから、創業は過去に事業を開始したことを表すのが一般的です。

「来年起業する」という表現があっても、「来年創業する」とはいわず、適切な表現ではありません。

続いて、起業や開業、独立や創業など、「新たに事業を起こす」業態とは根本的に異なる概念である、経営について解説していきます。

経営とは

経営とは、起業後に事業を安定的に維持継続・拡大させるための継続的な商行為を指します。

事業の経営にあたっては、起業時に起業家が生み出したあらゆる資産や価値を継承し、利益をさらに拡大させていくことが求められます。

経営者は、事業運営の結果が会社の存続に直接影響していくので、「必ず利益が上がる」という論理的な根拠に基づき、企業の経営を行う必要があります。

また、経営においては、単に利益を生み出すだけではなく、事業運営に必要となる資金面のやり繰りも重要なポイントとなります。

ここまで見てきたように、事業を起こすこと(起業)と、事業を継続して維持・拡大させること(経営)とは全く異なる概念です。

起業・開業・独立・創業・経営の違い まとめ

下記に起業・開業・独立・創業・経営の違いをまとめた表を掲載します。あなたがこれから挑戦しようとしているのが、どれに当たるのか特定しましょう。

起業・開業・独立・創業・経営の違い

起業家と経営者の違いとは

起業家は、立ち上げた事業を運営する中で経営者となります。

アントレカレッジでは「3つのフェーズ」を解説する中でそれぞれに求められる資質が異なるのです。

事業の3フェーズ
事業の3フェーズアントレカレッジ流「成功のフレームワーク」

すでに経営者的アクションが必要なフェーズに入っているのに起業家としての立ち振る舞いを切り替えられない。これもまた経営を失敗する理由の1つです。

そこで本項では起業家と経営者の意味をさらに深掘りして見ていくことにします。

起業家とは

起業する人(起業家)はアントレプレナーと呼ばれ、その理念やポリシーは起業家精神(アントレプレナーシップ)と称されます。

会社に所属しながら新しく事業を始める人(イントレプレナー:社内起業家)とは異なり、事業に関する全てのリスクや責任を負います

事業のリスクを覚悟で挑戦する姿勢が求められるため、「必ず事業を成功させる」という強い意志と、綿密な計画が大切となります。また、事業を成功させ、維持・拡大するためには、旺盛な起業家精神と、イノベーションが必要となります。

起業家には、常に新しい機会や懸念に対して臨機応変に対応し、こうした取り組みを通じて新たな事業を創造し、革新をもたらすことが求められます。

そして、事業運営にあたっては、組織のメンバーと共に、事業の成功へ向けてあらゆるリソースを投入しながら進めでいきます。

事業を開始するには、起業にあたっての目的やビジョンなどを定めると同時に、その裏づけとなる資金調達も必要となります。

起業家には、事業のビジョンや目的、そして立ち上げから運営にいたるプロセスを支える、資金の裏づけもしっかりと整えることが求められます。

経営者とは

経営者には、事業の目標に焦点を合わせ、様々な企業行動が計画どおりに実施されているかを確認する責任があります。

また、経営者(経営トップ:代表取締役社長など)および、取締役以上の経営陣は、企業組織を運営する責任を負います。そのため、経営者には、企業に所属する社員全員を統括し、仕事の成功を勝ち取るための「結果」が求められます。

経営者には、リーダーシップを継続するためのスキルや時間管理も必要となります。また、従業員や取引先など、社内外のあらゆる関係者からの信頼を勝ち取ることも大きなポイントです。

その上で、事業を継続・拡大させるための管理能力が必要不可欠な資質となります。

経営陣は常に、全従業員に対して、現状や今後の方向性などについて明確な指針を示す必要があります。そのためには、会社のすべての可動部分が適切に連携しており、組織を目標と達成に向けて導いていることを保証する責務があります。

起業家と経営者の意味 まとめ

下記に起業家と経営者の意味をまとめた表を掲載します。まずは2者の意味合いについて整理してみましょう。

起業家と経営者

起業家と経営者の違い

さらに起業家と経営者の主な違いについて解説していきます。

起業家と経営者の違い1:定義

起業家は、事業を通じて利益を獲得するために、あらゆるリスクを冒して事業を立ち上げるのが大きな使命です。

これに対して、経営者は、合理的で適切な事業計画を策定し、また組織編成や従業員への業務指示・管理を徹底しながら、事業の拡大・成長を目指します。

起業家と経営者の違い2:企画と運営

起業家は新たなビジネスモデルを提示し、社会に変革をもたらす企画を立案・推進しますが、経営者は事業の進行を確認しながら事業管理を徹底していきます。

起業家は組織の創業者でもあり、組織体の全責任を負いますが、経営者の場合は、多くの従業員を指導育成し、管理することが大きな責務です。

また、起業家は自分が立ち上げた事業から得られる利益を自分の報酬として獲得することが可能な一方、経営者は、自分の与えられた事業運営という仕事に対する報酬を企業から受け取ります。

起業家と経営者の違い3:価値創造と継承

起業家が事業の全てに対してリスクを負う「リスクテイカー」であるのに対し、経営者はリスクを負いません。

また、起業家はイノベーターとして自分のアイデアを商品やサービスを通じて社会に提供しますが、経営者はそのアイデアを忠実に実行する執務者です。

総じていえば、起業家が新たな市場価値を開発・提供するのに対し、経営者はその価値を継承し、維持・拡大する役割となります。

起業家と経営者の違い4:経営判断の裁量と責務

起業家は自分の裁量と意思で事業の最終ゴールを設定するのに対し、経営者は設定されたゴールへ向けて忠実に、また周囲の環境を分析しながら進んでいきます。

起業家と経営者の違い

「起業家」の意味を明確にして起業を成功させる

起業するにあたり、開業・独立・創業・経営との違いを理解する必要ことで成功確率を上げることができます。

先述の通り、各言葉に対して有益なセミナーや支援制度などが分かれていることがあるからです。

アントレカレッジでは経験ゼロからの起業でも成功できるフレームワークを提供しており、これまでの記事でも詳細に解説をしてきました。

下記の記事もご一読いただき、起業時の参考にしていただけたら幸いです。

起業の仕方を1から知りたいのであれば…

起業の仕方 5段階を解説!ゼロから資金集め〜事業開始まで完全理解

起業アイデアを海外事例から学びたいのであれば…

【5選】起業アイデアの作り方を海外の成功事例から学ぼう

副業から起業をしてみたいのであれば…

副業から週末起業!サラリーマンも安心なアイデアと注意点・税金対策

女性特化の起業メソッド・アイデアを知りたいのであれば…

女性起業の成功アイデア15選|助成金や注意点をわかりやすく解説

まとめ

この記事では、よく耳にする「起業」「開業」「独立」「創業」と、「経営」というそれぞれの意味の違いについて詳しく解説してきました。

起業とは新たな事業を起こすことであり、経営とは事業を継続して利益を拡大させる行為です。企業を長く存続させるためには、大きな覚悟と成功ビジョンを掲げて起業し、その後も安定的に事業を拡大させるための経営努力が重要となります。

この記事を読んで、起業と経営について理解し、事業の成功を勝ち取っていただくよう願っています。

>『幸せな経営者』を1,000人輩出する

『幸せな経営者』を1,000人輩出する

「起業の専門学校-アントレカレッジ-」は、ただ起業家を輩出するだけの学校ではありません。

私たちは約20年もの間、多くの起業家や経営者のコンサルティングをしてきました。 そこで感じるのは、多くの日本の経営者は、売上にとらわれ「くたびれた」「不幸な」経営者ばかりだということです。そんな現状ではますます起業を志す人がいなくなってしまいます。

そこで大事なのは、まさに私たちのような「幸せな経営者」を育成することなのです。壮大なビジョンですが、決して不可能ではありません。 なぜなら、私たち自身が「幸せな経営者」だからです。

私たちがこの20年間で培ってきた経験やスキル、ノウハウを多くの人に広めていきたいと思っています。

CTR IMG