起業家328人にアンケート!政府の中小企業・スタートアップへのコロナ支援に「満足していない」が87.2%、起業環境にも影響?

世界中で大きな流行が起こっている、新型コロナウイルス感染症。

起業家やスタートアップ業界にとっても、国や自治体から要請された休業・自粛要請によって、取り巻く環境が大きく変化しました。

そこで、起業の専門学校「アントレカレッジ」を運営する株式会社BLISSLEADは、全国の起業家志望328名を対象に、コロナ禍が起業家に与えた影響や国のコロナ支援に対する満足度調査を行いました。

調査概要

・対象:アントレカレッジ『起業スタートアップセミナー』参加者
・有効回答数:328名
・男女比 男性224名 女性 106名
・調査期間:2021年8月5日〜16日

調査1. コロナ禍での起業に対する環境の変化

起業家志望者328名を対象に、コロナ禍における起業環境の印象に関する調査を行ったところ、「起業に対するハードルは変わっていない」と感じる方が64.9%、「起業に対するハードルが上がった」と感じている方が35.1%と、起業環境に変化を感じる方が少ないことがわかりました。

調査2. 政府によるコロナウイルス対策関連の中小企業や、スタートアップへの支援に対する満足度

政府の、中小企業やスタートアップへのコロナウイルス対策に対する満足度調査では、「政府の支援に満足していない」と答えた方が87.2%、「政府の支援に満足している」と答えた方が12.8%と、政府の中小企業やスタートアップに対する支援に満足していない方が、満足している方を大きく上回る結果となりました。

調査3. コロナ禍での起業に対する興味・関心の変化

コロナ禍での起業に対する興味・関心については、「起業に対する関心が高まった」と答える方は80.8%、「関心が高まらなかった」と答えた方は19.2%と、関心が高まった起業家志望の方が、8割を占める結果となりました。

アンケート結果の二次利用について

今回のアンケート結果の二次利用は、自由といたします。

引用の際は、「引用 アントレカレッジ|株式会社BLISSLEAD」と明記した上で、ご利用頂きますようお願いいたします。

また、二次利用先がWebコンテンツである場合、当社運営のWebサイト(https://entrecollege.com/)までテキストリンクを貼って使用してください。

>【無料配信中】クラウドファンディング起業法

【無料配信中】クラウドファンディング起業法

「起業してみたい」と思っても、商品もないし、売り方もわからないし、何から始めれば良いのかと困ってしまいますよね。

そんな悩みを抱える初心者の方におすすめしているのは、クラウドファンディングを使って自分の商品を作ってしまうという方法です。

普通なら、商品の製造・販売に自己資金が必要なところを、支援者から資金を集めてリスクなく商品を作れます。

CTR IMG