【挑戦】全起業家共通の悩みこそ成功への近道(菅野一勢)

全起業家共通の悩みこそ成功への近道

ども!菅野一勢です。

起業家・経営者のコンサルをしていてもやっぱり一番の悩み、怖れは、「失敗したくない」ということなんですね。

これは、年商10億円を超える経営者でも、これから起業しようとしている人でも一緒なんです。

人間ですから、失敗を恐れるものです。

でも、そのせいで一歩を踏み出せず、挑戦しない人生に甘んじているのであれば、もったいない!

このまま人生は何も変わらずに時だけが刻々と過ぎていきます。

死ぬ間際になって後悔しても、どうにもなりません。だから、やっぱり怖くても挑戦しないといけないんです。それが自分のためでもあるんです。

僕が大好きで、とても有名な言葉ですが、トーマス・エジソンはこう言いました。

私は今までに一度も失敗したことがない。ただ、1万通りのうまくいかない方法を
見つけただけだ。私は、決して失望などしない。
どんな失敗も、新たな1歩となるからだ。

これ、最高にかっこいいですよね?!このエジソン脳を身につければ、もう失敗は無くなるんです。

僕もかつて、尊敬する斎藤一人さんから「ツイテル」マインドを勉強してから、失敗を怖がることはなくなりました。

だって、失敗はないんです。

どんな「失敗」だって、学びがあってそれが自分を大いに成長させてくれる。ありがたいことなんです。

マイクロソフト創業者のビル・ゲイツも、成功者の共通点として「一心不乱に働き続けること」と言っていますが、この補足として次のように話しています。

一心不乱に働き続けることで会社を速いペースで動かしていけた。
だから、他の人より早く失敗を経験して修正することができた。
これが私が成功できた要因だ。

失敗はどうやっても避けられません。むしろ、失敗を避けていては、絶対に成功できません。
いかに早く失敗し、そこから学び、成長するかが成功に直結しています。

とにかく挑戦し続け、途中の失敗から学び、レベルアップしながらまた挑戦を続ける。
これが成功への近道です。僕も中村さんも大好きな言葉が、

Stay hungry. Stay foolish.
(ハングリーであれ、愚か者であれ)
Apple創業者のスティーブ・ジョブズの言葉です。
まさに、この通りです。
ちなみに、僕の敬愛する矢沢永吉もこう言っています。
20代で苦労した者だけが、30代で夢の世界を見ることができる
ドアの向こうに夢があるなら、ドアがあくまで叩き続けるんだ。

言いたいことはみんな一緒なんですね。僕自身も、20年以上ビジネスをしているんで
たくさん失敗もしてきました。でもその数だけ成長し、業績も上がってきました。

もし、失敗していなかったら。と考えると、それこそ恐ろしいですね。過去の失敗に感謝です!そして、僕はこれからも挑戦し続けます。

起業家・経営者たる者、成長をやめたらお終いです。

あなたも、失敗して、失敗して、失敗して、レベルアップして、また挑戦して、立派な成功者になってくださいね

それでは今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございました。

菅野一勢

>『幸せな経営者』を1,000人輩出する

『幸せな経営者』を1,000人輩出する

「起業の専門学校-アントレカレッジ-」は、ただ起業家を輩出するだけの学校ではありません。

私たちは約20年もの間、多くの起業家や経営者のコンサルティングをしてきました。 そこで感じるのは、多くの日本の経営者は、売上にとらわれ「くたびれた」「不幸な」経営者ばかりだということです。そんな現状ではますます起業を志す人がいなくなってしまいます。

そこで大事なのは、まさに私たちのような「幸せな経営者」を育成することなのです。壮大なビジョンですが、決して不可能ではありません。 なぜなら、私たち自身が「幸せな経営者」だからです。

私たちがこの20年間で培ってきた経験やスキル、ノウハウを多くの人に広めていきたいと思っています。

CTR IMG