【プロ意識】スティーブジョブズが人生から排除したもの(菅野一勢)

【プロ意識】スティーブジョブズが人生から排除したもの

Appleの創業者でもあるスティーブ・ジョブズをご存知の方は多いと思います。
きっと頭で彼のことを思い浮かべると、常にジーパンに黒いタートルネックを着てるイメージがありますよね。

ジョブズの生きる目的というのは、彼もずっと言い続けていましたけど、「世界に衝撃を与えること」だったんです。

実際にその通りになりましたけど、創業時からその大きな野望に燃えてたんですね。

ジョブズは、人生からあるものを“排除”しました。

有名な話なので聞いたことあるかもしれませんが、「ファッション」を捨てたんです。その決断により、彼は毎日毎日同じ服を着ていたんです。まるでユニフォームですね。

要は、余計なファッションにかける時間がもったいないんです。

毎日鏡をみてあれこれやるような時間に10分15分かけるんだったらそれを無くしてしまえ!という決断です。

人は、1日を生きてるだけで頭の中でものすごい数の“決断”がされているようです。その数が多ければ多いほど、頭は疲弊して、正しい決断ができなくなるんです。

だからジョブズは、少しでも決断することを排除していました。もちろん、重要な決定において正しい決断を下すためにです。

先ほど言ったように、ジョブズは「世界に衝撃を与える」という大きな野望を持っていました。それを考えると、毎日のファッションなんてどうでもよかったんです。

あなたは、何を優先して何を排除しますか?

もしあなたも、これから起業したい!ビジネスをやりたい!って時に、優先順位をしっかり考えないといけないんです。何かを得るために、何かを捨てなければいけません。

僕の友人の成功者たちも、みんな何かを犠牲にしてきました。大好きなゴルフを封印した人もいますし、釣りとサーフィンが大好きで「これが一番!」なんて言ってるものを、一切やめた人もいます。飲み会やテレビなんてのもそうです。

ビジネスっていうのは、人の米びつを取りに行くようなものです。それもプロがひしめき合う中でです。

中途半端な覚悟でやってて勝てると思いますか?

プロと戦うんですから、当然あなたもプロ意識が必要なわけです。

「俺は起業したいけど、遊びもやめない!」なんて人が成功すると思いますか?

僕や中村さんは今では自由に遊び呆けることもできますが、起業当初の数年ってのは、ずーーっと仕事ばっかりしてました。毎日4時間睡眠くらいでしたね。土日ももちろん。

何を優先して、何を排除するのか?ジョブズはファッションをカットしましたね。

では、あなたは?

 

それでは今日はこの辺で!
最後までお読みいただきありがとうございました。

菅野一勢

>『幸せな経営者』を1,000人輩出する

『幸せな経営者』を1,000人輩出する

「起業の専門学校-アントレカレッジ-」は、ただ起業家を輩出するだけの学校ではありません。

私たちは約20年もの間、多くの起業家や経営者のコンサルティングをしてきました。 そこで感じるのは、多くの日本の経営者は、売上にとらわれ「くたびれた」「不幸な」経営者ばかりだということです。そんな現状ではますます起業を志す人がいなくなってしまいます。

そこで大事なのは、まさに私たちのような「幸せな経営者」を育成することなのです。壮大なビジョンですが、決して不可能ではありません。 なぜなら、私たち自身が「幸せな経営者」だからです。

私たちがこの20年間で培ってきた経験やスキル、ノウハウを多くの人に広めていきたいと思っています。

CTR IMG