【孫子の兵法】起業の前に知っておくべきこと(菅野一勢)

どうも菅野一勢です。

あなたがこれからビジネスに参戦しようと思っているのであれば、まず知っておいて欲しい言葉があります。

それは、

「彼を知り、己をしれば、百戦あやうからず」

ということです。

これはあなたもご存知だと思いますが、「孫子」の言葉です。

相手を知り、自分を知れば、百戦しても負けることはない、といった意味なのですが、少し噛み砕くと、「誰に、何で、どこで、いつ勝つか?」ということです。

この考え方は、ビジネスにおいても非常に重要なのですが、まずは考えてみてください。

もしあなたが、マイク・タイソンに勝とうとしたら、、どうしますか?

マイク・タイソンとは昔のボクシングヘビー級チャンピオンです。

どうやったら勝てると思いますか?

これから必死にトレーニングして負けない体と技術を身につけますか?現実的ではないですよね。

このように考えてしまったら要注意です。別にボクシングで勝ちなさい、とは言ってないですよね。

あなたの勝てる土俵を考えるべきなのです。

それが将棋とか卓球とか水泳とか、、なんでもあなたが得意なことで勝てばいいのです。

有名なウサギとカメの童話がありますが、これも本当は、カメはかけっこでウサギと勝負するのではなく、海で泳ぎで勝負すれば良かったとも言えます。

そうしたら難なく勝てますよね。誰に、何で、どこで、勝つかです。

ライバルのウサギに、泳ぎで、海で、勝つ。ということです。

あと、「いつで」ということもありますが、例えば上記のマイク・タイソンの話であれば、あなたが今若ければ、マイク・タイソンがおじいちゃんになってからであれば勝てるかも知れません。

極端な例ですが、ビジネスにおいても、ライバルについてよくリサーチして理解すると同時に、あなた自身の強みについても
しっかりと把握しておく必要があります。

あなたが勝てる土俵で適切なタイミングで勝負すれば勝てる時はあるはずです。

この孫子の教えは、孫正義やビル・ゲイツなど世界の名だたる起業家、大富豪が自身の経営に取り入れています。

ぜひあなたも学び、実践に活かせるようにしてくださね。

 

菅野一勢

>【無料配信中】クラウドファンディング起業法

【無料配信中】クラウドファンディング起業法

「起業してみたい」と思っても、商品もないし、売り方もわからないし、何から始めれば良いのかと困ってしまいますよね。

そんな悩みを抱える初心者の方におすすめしているのは、クラウドファンディングを使って自分の商品を作ってしまうという方法です。

普通なら、商品の製造・販売に自己資金が必要なところを、支援者から資金を集めてリスクなく商品を作れます。

CTR IMG