【注意】知らぬ間にライバルの手助けをしていませんか?(中村司)

どうも中村です。

コンサル生や多くの人の広告やセールスレターを見ると、なぜか「ライバルの手助けをしている」人がいます。

あなたもそうなっていないか、続きを読んでチェックしてみてください。

ライバルの手助けをしている人の特徴とは

例えば、あなたがクリーニング店を経営しているとします。

そこであなたのWEBページや、広告、セールスレターなどで、”クリーニング店”を利用するメリットや素晴らしさ、便利さなどを一般論で長々と語っていると、それを見たお客さんは、「確かにその通りだ」「それはいいね」と思ってくれるかもしれません。

でも、大抵のお客さんは、ネットで家の近くのクリーニング店を探してそちらに行きますよね。そういうものです。

では、何をしないといけないのか?というと、”あなた”のクリーニング店の強みや特徴、他者との違いなどをアピールしないといけないのです。

”あなた”の商品やサービスについてその魅力を伝えなければ、お客さんは、同じような商品サービスを提供している他社へ行ってしまいます。

お客さんにとって、「なぜ、あなたから購入するとメリットがあるのか?」についてしっかりと伝えなければいけません。これは非常に重要です。

知らぬ間に、ライバル店のお手伝いをしていた…なんてことにならないように気をつけてくださいね。

コピーライティングを学ぶ重要性

広告やセールスレターで一般論を長々と語る必要はありません。あなたの商品・サービスの魅力を明確に伝えましょう

この辺り、コピーライティングを学べば全てが理解できるはずです。

例)
・どのようにあなたの商品・サービスの魅力を打ち出していくのか?

・広告やセールスレターに何を、どの順番で書くべきなのか?
・お客さんの心を掴むには、どう表現するべきなのか?

いつも言っていますが、コピーライティングはビジネスに関わる全ての人に必要です。というより、全人類にとって必要なスキルだと思っています。

まだ勉強してない人は、今日からスタートしてくださいね。それくらい重要なスキルです。

中村司

>【無料配信中】クラウドファンディング起業法

【無料配信中】クラウドファンディング起業法

「起業してみたい」と思っても、商品もないし、売り方もわからないし、何から始めれば良いのかと困ってしまいますよね。

そんな悩みを抱える初心者の方におすすめしているのは、クラウドファンディングを使って自分の商品を作ってしまうという方法です。

普通なら、商品の製造・販売に自己資金が必要なところを、支援者から資金を集めてリスクなく商品を作れます。

CTR IMG