【ドラマ】嫌な人も愛おしくなる方法(菅野一勢)

嫌な人も愛おしくなる経営術

ども!菅野です。

突然ですが、、キライな人、苦手な人っていますか?

ほとんどの人にはいると思います。

「キライな人とは関わらなければいい」「無視しろ」みたいなアドバイスをする人もいますが、現実問題、それが直属の上司だったり、大事な取引先だったり、親しい友達の友人や家族だったり、いろんなパターンで関わらざるを得ないことってありますよね。

そういう時に、いつまでも嫌だ、嫌だ、キライだ、キライだ、、

と言っていても何も変わりませんので、ちょっと見方を変えるだけで、そんな相手でも愛おしく思えちゃう方法をお伝えします。

嫌な相手でも愛おしく思えちゃう方法

それは、、相手の【人生ドラマ】を見よう、ということです。

どんな人にでも、その人の人生があります。

  • 幼い頃に大事な人を失っていたり、
  • 虐待を受けたり、
  • 家族と一緒にいる時間がもてなかったり、
  • 出生地が違ったり、引越しをたくさんしてたり、
  • 恋をしたり、喧嘩したり、怒られたり、、
  • 子育てしたり、介護したり、
  • 涙が出るほど笑ったり、
  • 死にたくなるほど悲しかったり、悔しかったり、、

人にはそれぞれ、ドラマがあって、それは誰もが本一冊書けるくらいはあります。そんな相手の人生ドラマを見ると、きっとあなたの見る目は変わってきます。

苦手意識がなくなったり、逆に好きになったり、ファンになったり、愛おしささえも芽生えてくるはずです。

「そんなわけない!」と思いますか?

だったら今日から試してみてください。人を見るのではなく、相手の人生ドラマに目を向けてみてください。少しずつ、そのストーリがわかってくると、その人をどんどん深く理解することができます。

マーケティングに応用すると

実はこのことは、マーケティングにも応用できます。

大抵の場合、ネットでも、誰かからモノを買う時って最初から信用していないですよね?

この人、この会社、大丈夫かな?
粗悪品を扱っていたり、他より同じものを高く売っていたり、
体に悪い材料とか、つかってないかな?

などなど、初対面の人を最初から信用するって難しいんです。

だから、あなたが商売人だったら最初は信用されてない・疑われている、くらいに思って間違いないです。

では、どんな瞬間にその疑いが晴れて、お客さんは自分を信用してくれるのでしょうか?

・・・

そうです。お客さんが私たちのことを理解してくれた時です。

理解してもらうための情報などはいくつかありますが、その中でも、

♦︎ 創業者の「人生ドラマ」
♦︎ 商品の「開発ストーリー」
♦︎ 会社の「創業ストーリー」
 など…

「ドラマ」「ストーリー」によって理解してもらうと、根強いファンとなってくれることが多いです。

これは人間の深層心理ですので、なかなか抵抗できません。

この心理を活用して、あなたの周りからキライな人、苦手な人を無くし、事業も順調に進めることができます。

人間関係もビジネスもうまくいけば、人生豊かになるに違いないですよね(^^)

ぜひ試してみてくださいね。

それでは今日はこの辺で!
ありがとうございました。

 

菅野一勢

>『幸せな経営者』を1,000人輩出する

『幸せな経営者』を1,000人輩出する

「起業の専門学校-アントレカレッジ-」は、ただ起業家を輩出するだけの学校ではありません。

私たちは約20年もの間、多くの起業家や経営者のコンサルティングをしてきました。 そこで感じるのは、多くの日本の経営者は、売上にとらわれ「くたびれた」「不幸な」経営者ばかりだということです。そんな現状ではますます起業を志す人がいなくなってしまいます。

そこで大事なのは、まさに私たちのような「幸せな経営者」を育成することなのです。壮大なビジョンですが、決して不可能ではありません。 なぜなら、私たち自身が「幸せな経営者」だからです。

私たちがこの20年間で培ってきた経験やスキル、ノウハウを多くの人に広めていきたいと思っています。

CTR IMG