【蟹穴主義】渋沢栄一に学ぶ事業のはじめ方(中村司)

どうも中村です。

みなさんは「渋沢栄一」をご存知ですか? 大河ドラマになったり新しい1万円冊の顔になるなど、最近とても注目されていますよね。

渋沢栄一の教え

そんな彼の教えの中に、「蟹穴主義」というものがあります。これは何かと言うと、僕たちもよく話をするんですが、「身の丈にあった経営をしましょう」ということなのです。

起業初心者や、うまくいっていない経営者は、自分の”分”を超えて借金をして事業をしようとします。しかし当たり前ですが、その事業が失敗すれば負債だけが残ります。。

僕たちはいつも、「起業の成功率は10分の1」と言っています。そのうちの1つに、”分”を超えて全てをかけてしまうのはあまりにリスキーです。僕たちが伝えている「100%起業に成功する方法」は、自分の”分”を守って、自己資金を10分割して、10回チャレンジすることです。

借金でお金にレバレッジをかけずとも、知識とスキルがあれば、マーケティングにレバレッジをかけられます。

蟹穴主義で勝負

例えば、菅野さんの会社の歯科医向けのサブスク型サービスがありますが、始まりは、たった2万円のFAX DMです。

そこから今や数年で、年商5億円を超えています。そして、蟹穴主義は、お金だけじゃありません。自分が得意なこと、強みを活かせる市場で勝負することが重要だと言っています。

僕らの強みは圧倒的にマーケティングです。僕らがずっと20年以上も右肩上がりで成長し続けられるのも、この強みを軸として事業を展開してきたからです。

あなたの強みは何ですか?そこを起点に、”分”を守り、事業で勝負していきましょう。

 

中村司

>【無料配信中】クラウドファンディング起業法

【無料配信中】クラウドファンディング起業法

「起業してみたい」と思っても、商品もないし、売り方もわからないし、何から始めれば良いのかと困ってしまいますよね。

そんな悩みを抱える初心者の方におすすめしているのは、クラウドファンディングを使って自分の商品を作ってしまうという方法です。

普通なら、商品の製造・販売に自己資金が必要なところを、支援者から資金を集めてリスクなく商品を作れます。

CTR IMG