【存在】いい商品なのに売れない理由(中村司)

どうも、中村です。

「一度ウチの商品を使ってもらったら、 その良さがわかるはず」
「一度ウチの料理を食べてくれれば 絶対に喜んでもらえる」

こんな風に思っている経営者はとても多いのですが、そういう経営者のほとんどは集客ができずに苦しんでいます。

「いい商品」なのに売れない、お客さんが来てくれない、、なぜでしょうか?

それは「いい商品」で終わってるからです。経営者の仕事は、あなたの商品・サービスとお客さんとを繋ぐことです。お客さんの中に、あなたの商品が「存在」していないといけないのです。いい商品を作るのは当たり前。僕らの仕事はその後です。商品とお客さんを繋ぎ、お客さんの中に存在させる。

それを可能にするのがマーケティングです。

僕の両親は、小さな商店を営んでいました。父親は他にも、塗装屋をやっていましたが、コンビニや大手スーパー、競合他社の台頭によって事業を畳むことになりました。その後も、民泊事業を開始し、時流にものって一時うまくいきましたが、バブルが弾けるとその影響を受けて店じまい。

僕は幼いながらによく当時のことを覚えています。民泊を営んでいる時も、両親がこんな話をしていました。「このボリュームでこれだけの料理を、しかもこの値段で出してる。他と比べるとウチは本当に良心的だよな」その通りで、両親はどの事業においても精一杯働いていましたし、毎日努力して商品やサービスの質を頑張ってあげていました。

つまり、「いい商品」「いいサービス」だったのですが、結局は潰れてしまいました。僕もしばらくその理由がわからなかったのですが、自分が事業をすることになり、マーケティングと出会ってから、やっとその理由がわかりました。
マーケティングとは、、「お客様に価値を提供して 対価をいただくために行う全ての行動」です。

僕の両親は、「お客様に価値を提供して 対価をいただくこと」で終わっていたのです。

良いサービスさえ提供していれば、事業はうまくいく。それは経営者として陥りがちな間違いだったのです。繰り返しますが、マーケティングとは、、「お客様に価値を提供して対価をいただくために行う全ての行動」でしたよね。前半の「お客様に価値を提供して 対価をいただく」ということはいわば当たり前なのです。

僕ら経営者はさらに、「全ての行動」お店、商品とお客さんを繋げるための「全ての行動」を起こしていかなければいけません。

そうして、お客様の中に僕らの事業は「存在」することになるのです。いい商品を作ってあとは待つだけだ。というスタンスでは残念ながら事業はうまくいきません。そのあとの行動、つまりマーケティングが切っても切り離せないのです。僕らがコンサルする経営者もそのほとんどは最初、マーケティングについて何も知らない状態です。

こんなに大事なことなのに、多くの人は知らないのです。

なので、このメルマガを読んでくれたあなたが、マーケティングの重要性に気づけたのなら、それは経営者として一歩抜き出たと言っても過言ではありません。

マーケティングの視点を常に持ち続けてください。経営者の仕事は、マーケティングです。

それでは今日はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございました。

中村司

>『幸せな経営者』を1,000人輩出する

『幸せな経営者』を1,000人輩出する

「起業の専門学校-アントレカレッジ-」は、ただ起業家を輩出するだけの学校ではありません。

私たちは約20年もの間、多くの起業家や経営者のコンサルティングをしてきました。 そこで感じるのは、多くの日本の経営者は、売上にとらわれ「くたびれた」「不幸な」経営者ばかりだということです。そんな現状ではますます起業を志す人がいなくなってしまいます。

そこで大事なのは、まさに私たちのような「幸せな経営者」を育成することなのです。壮大なビジョンですが、決して不可能ではありません。 なぜなら、私たち自身が「幸せな経営者」だからです。

私たちがこの20年間で培ってきた経験やスキル、ノウハウを多くの人に広めていきたいと思っています。

CTR IMG