【要チェック】うまくいかない人の共通点(菅野一勢)

どうも菅野一勢です。

世の中には成功する人、しない人、うまくいく人、いかない人、がいるわけです。

特に起業初心者や現状うまくいっていない人は、成功者のマネをすることが成功への近道です

しかし一方で、「うまくいかない人」の共通点を知っておくことで、あなたの現状と照らし合わせて

①成功を遠回しにしてしまっていないか?
②成功できないような考え方や行動をしてしまっていないか?

考えてみて欲しいと思います。

では、うまくいかない人の共通点をあげてみましょう。

①取り越し苦労が多い(クレームあったらどうしよう…)
②全てを勉強しようとするから行動がとにかく遅い
③できない言い訳を必死に考える
④人のせいにする
⑤一生直面しない壁の問題を永遠と勉強する癖がある
⑥捨てる覚悟がなくズルズルと引きずる
⑦ダメでも現状にいつでも戻れる体制で挑む
⑧失敗から何も学ばない・・・

いかがでしょうか?

つまりは、考え方や行動のクセから、とにかく「スピード」がめちゃくちゃ遅いです

まだ、商品やサービスを売り出していないのに「クレームがあったらどうしよう?」と考えていても何も始まらないわけです。

起業してもいないのに、組織づくりや人事、採用のことばかり考えていても、目の前の一歩が一向に進まないわけです。

勉強しておくことは、もちろん大事です。でも、机に向かって勉強しているだけでは成功できません。

実際に行動して、壁にぶつかったら、対処する、というのを繰り返して成功に近づいていくものです。

スタートしなければ、ゴールしようがありません。

この「うまくいかない人」の共通点、並べて冷静にみてみると、当たり前だと思うかもしれません。

頭ではよくわかっていると思うと思います。でも、実際には全く違います。

多くの起業家や事業主がこれらの共通点に当てはまってしまっています。

他人事だと思わずに、ぜひ厳しくご自身の考え方や行動を日々チェックするようにしてください。

逆に、これらを克服すれば、成功は見えてきます。

この共通点の反対の行動をすればいいのです。

 

菅野一勢

>【無料配信中】クラウドファンディング起業法

【無料配信中】クラウドファンディング起業法

「起業してみたい」と思っても、商品もないし、売り方もわからないし、何から始めれば良いのかと困ってしまいますよね。

そんな悩みを抱える初心者の方におすすめしているのは、クラウドファンディングを使って自分の商品を作ってしまうという方法です。

普通なら、商品の製造・販売に自己資金が必要なところを、支援者から資金を集めてリスクなく商品を作れます。

CTR IMG