【窮地】正しい決断をする秘訣とは?(中村司)

【窮地】正しい決断をする秘訣とは?

もし、あなたの会社が窮地に立たされ、大きな決断をしないといけないとします。

右か、左か。

この決断で会社の運命が決まります…

あなたはどうしますか?

それぞれの選択肢を精査し、比較し、どっちが良いのか、とにかく考え、悩むと思います。

でも、、気をつけてください。

この時、あなたの頭の中には、右か、左かの選択肢しか見えていません。

その2つの内「どちらが良いか?」だけを考えています。

しかし、僕らの経験則で言うと、大抵の場合は、右でも、左でも無く、正面をいくような全く別の道に答えがあったりします

これが【第3の道】です。

利害関係が衝突するときも同じです。例えば取引先と、お互いの利益が相反する選択肢があったとします。

(1)の選択肢だと、A社は利益を多くとるが、B社は美味しくない
(2)の選択肢だと、A社は美味しくなく、B社は利益を多くとります。

こういう場面にあったことがある人も多いのではないでしょうか?

ここで、「ビジネスだからドライに利益を勝ち取らないといけない」と考えるのか

「この2つの選択肢じゃだめだ。お互いが最大の利益を得るためにはどうしたら良いのだろう」と考えるのかでは全く答えは違ってきます。

僕ら経営者は特に、いつでも第3の案を考える癖付けが必要です。

Win-Winの関係を続けるには、しばしばこの第3の案を考える力が求められます。

絶対に無理だろう、、と思うようなこともあると思います。

それでも、僕らは第3の案を探し続けなければいけません。そうしないと、長期的に見てビジネスはうまくいきません。

自分の会社も、取引先も、お客さんも、みんな利益を最大化できるように考えていきましょう。簡単に答えが出るものじゃありませんし、大きな改革が必要なこともあるでしょう。

それでも、追求する価値は大いにありますよ。あなたも是非、第3の案を探す癖をつけてくださいね。

それでは今日はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

>『幸せな経営者』を1,000人輩出する

『幸せな経営者』を1,000人輩出する

「起業の専門学校-アントレカレッジ-」は、ただ起業家を輩出するだけの学校ではありません。

私たちは約20年もの間、多くの起業家や経営者のコンサルティングをしてきました。 そこで感じるのは、多くの日本の経営者は、売上にとらわれ「くたびれた」「不幸な」経営者ばかりだということです。そんな現状ではますます起業を志す人がいなくなってしまいます。

そこで大事なのは、まさに私たちのような「幸せな経営者」を育成することなのです。壮大なビジョンですが、決して不可能ではありません。 なぜなら、私たち自身が「幸せな経営者」だからです。

私たちがこの20年間で培ってきた経験やスキル、ノウハウを多くの人に広めていきたいと思っています。

CTR IMG