起業のために必要なものリスト20選【これだけあれば大丈夫】

起業に必要なものは「たった20個だけ」だということをご存知でしたか?その20個とは以下のとおりです。

起業に必要なものリスト

この20個を起業前に揃えることで、起業までの過程が円滑に進むだけではなく、起業後の経営でも「〇〇が足りなかった」という準備不足がなくなるでしょう。

特に起業未経験者は、起業に必要なものを明確に理解していないことから準備に時間がかかってしまったり、

反対に必要なものが用意できていないことで事業に支障をきたすことも多いです。

アントレカレッジは「起業してから必要なものを揃える」というスタンスを推奨していますが、できるだけ早く収益化するために最低限用意しておくべきものは存在します。

今回は、そんな「起業を最速で始めるために最低限用意しておくべきもの」をリスト形式で20個お伝えしていきます。

ざっくり言うと
  • “起業してから準備する”でもOK!
  • あえて1つ用意するなら「マーケティングスキル」
  • 起業は「モノ」よりもやり方が大事!
  • 起業については、他にも資金調達やビジネスの基本用語など知ると知らぬで大きく変わることが多数!
  • アントレカレッジでは、日本やシンガポールで活躍する菅野一勢や中村司が自ら、無料のオンラインセミナーで、起業のアイデアと出し方、経営に必要なマーケティングや集客、セールスの重要ポイントについて最新のビジネス事例を元に解説しています!
  • 今なら無料で受講が可能です。
  • ※オンライン受講で自宅から参加出来ます!


アントレカレッジ 起業 オンライン セミナー
 

\今ならオンライン参加無料!/

起業に必要なものリスト20選

起業に必要なものリスト20選

起業に必要なものを解説します。

本記事では各項目、最低限の説明しかできませんので、関連記事をリンクさせました。気になる項目については、リンク先の記事をご覧ください。

1. 事業目的

起業に必要なものリスト 事業目的

事業目的は起業に必要なものの1つです。どのような事業目的を掲げて起業・経営していくかについて、しっかりと検討し、策定しましょう。

事業を成功・拡大させる上で、社員も含めた共通の理念として、社内外にアピールする効果もあります。

起業の仕方 5段階を解説!ゼロから資金集め〜事業開始まで完全理解】にて事業目的・計画の作り方を解説しているので、ぜひご参照ください。

2. 起業アイデア

起業に必要なものリスト アイデア

起業後、商品・サービスが市場や顧客に受け入れられ、競合他社とも差別化が図れる独創的なアイデアが必要です。

成功した企業の多くは、身近な生活上での困ったことや、悩み解決などをヒントにアイデアを発想し、それを事業に結びつけて成功しています。

3. 事業計画

起業に必要なものリスト 計画

事業計画起業に必要なものです。具体的に実行可能な計画表に仕上げることがポイントです。

ただし、事業計画を詳細に立てようとするあまりスピード感が落ちては、商機を逃してしまいかねません。現時点での情報に基づき、最低限の計画を立てることをおすすめします。

講師 中村司
起業家に重要なスピード感については【起業家の最大の武器とは?】でアントレカレッジ講師である私が解説しているのでぜひご一読ください!

アントレカレッジ 起業 オンライン セミナー
 
\今ならオンライン参加無料!/

4. 事業資金

起業に必要なものリスト 事業資金

起業する上で資金調達が必要です。どんなに立派な事業計画を立てても、資金がなければ事業は成り立ちません。

資金調達の主な方法としては、金融機関からの融資や、VCなどからの投資、また自治体の補助金や助成金、さらには家族や知人・友人からの支援など、様々な方法があります。

自分に合った、無理ない資金調達計画を立てることがポイントです。

講師 中村司
ただし、最初から融資を当てにしてしまうのは良くありません。融資前提の起業は失敗すると借金だけが残る上、撤退の見極めも適切にできない可能性があるからです。
当スクールでは「身の丈経営」、つまり自己資金でやりくりする方法をお伝えしています。小資金でも起業を成功させる方法はありますので、この点を無料セミナーでもお伝えしています。

5. 設立手続き(登記)

起業に必要なものリスト 登記

起業活動の主体について定める必要があります。

個人事業主として活動する場合は所轄の税務署に開業届を提出。また法人化して会社を設立する場合は、法務局への登記が必要となります。

それ以外にも特に登録の必要がないフリーランスとして活動することも可能ですが、ここでも自分の事業目的に合った活動主体を明確にすることがポイントです。

6. 屋号・商号

起業に必要なものリスト 屋号

次に屋号や商号が起業に必要です。

事業内容や目的、アピールを意識し、企業や商品・サービスのロゴなども検討します。ロゴデザインやネーミングはクラウドソーシングサービスで依頼することもできます。

講師 菅野一勢
屋号については【 屋号とは?個人事業主が持つ5つのメリット・決め方のポイント7つ 】にて詳しく解説しています!
決め方によって売上なども変わってくる可能性がありますので、こちらの記事でポイントをつかんでいただければ幸いです。

7. 仕事場所

起業に必要なものリスト 仕事場

起業し、事業を推進する上で必要となるの仕事場所です。個人事業主やフリーランスの立場で仕事をする際には、自宅の一室からでも開始できます。

一方、法人化する上では外部に仕事場所を確保することも必要となるでしょう。

8. 人材確保

起業に必要なものリスト 人材

事業拡大に向けて、従業員や協力者などの人材確保が必要となります。

会社経営においては様々な分野における優秀なスキルと経験を持った社員を雇用し、育成することが重要です。

講師 中村司
【億の壁】組織づくりのファーストステップ】年商1億円以上の組織づくりについて講師・中村司が解説しています。ぜひご一読ください。

9. 専門家外注

起業に必要なものリスト 専門家

人材確保に注力する一方、外部にアウトソーシングできる分野は可能な限り外注化を図ることがポイントです。

経理や財務、人事・労務や法務、またIT分野など、社員を抱えて高コストで運営するのではなく、外注化することで業務の効率化とコスト削減、そして利益拡大につながります。


アントレカレッジ 起業 オンライン セミナー
 
\今ならオンライン参加無料!/

10. ホームページ作成

起業に必要なものリスト ホームページ

事業活動をアピールするプラットフォームとして、webサイトは起業に必要なものの1つです。

無料で立ち上げられるツールも多数あるので、工夫しながら最良のサイトを制作していきましょう。

講師 中村司
ちなみにアントレカレッジでは、ご自身でホームページを用意できない方に対してWEBサイト制作支援会社の紹介も行っています。質の高いホームページを作りたいという方は、こちらのサービスをご利用ください。

11. インターネット環境整備

起業に必要なものリスト インターネット環境

IT時代においてインターネット接続環境は必須です。特にホームページを運営する場合には自社内にネット環境を構築しなければならないため、この点は考慮に入れておきましょう。

wifiや光回線など、定額制で格安のサービスが多数あるので探してみることをおすすめします。

12. 名刺・挨拶文

起業に必要なものリスト 名刺

起業したら、日々の活動を通じて様々な顧客や取引先、関係者などと交流します。

その際に必要となるのが名刺であり、また事業を説明する挨拶文やパンフレットなどの簡単な書類も準備しておくと、存在をアピールするのに便利です。

これらはあなたを理解してもらうためにも必須なツールです。

13. 事務機器・事務用品

起業に必要なものリスト オフィス用品

日々の活動上、PCやコピー機・プリンター、机や椅子、文具類などの備品が必要です。

自分で準備するか、あるいはコワーキングスペースなどではこうした備品を一式提供している場合もありますので、選択して準備してください。

 


アントレカレッジ 起業 オンライン セミナー
 
\今ならオンライン参加無料!/

14. 営業資料

起業に必要なものリスト 営業資料

自社の製品やサービスについて説明し、技術的な裏づけやアピールポイントなどをしっかりと記載した営業資料を作成することが重要です。

作成した営業資料はホームページ上に掲載し、常に誰でも閲覧できるようにしておくことで、アピール効果が高まり、思わぬニーズや商談に繋がります。

15. 銀行口座

起業に必要なものリスト 銀行口座

会社を登記する際には、銀行口座の登録が必要です。また、事業を開始して顧客からの売上げが発生すれば、決済用の銀行口座が必要となります。

従業員への支払いなどに際しても口座が必要なので用意して置きましょう。

はじめのうちは事業に関わる支出をプライベートな口座でまかなうこともできますが、お金の動きが多くなるにつれて処理しきれなくなるのでおすすめできません。

講師 菅野一勢
ちなみに屋号があれば個人事業主でも「屋号つき口座」が作れることをご存知でしたか?
屋号つき口座も事業者にとっていろいろなメリットがあるんです。
この点も【屋号とは?個人事業主が持つ5つのメリット・決め方のポイント7つ】にて説明しているので、ぜひご一読ください!

16. 経理ソフト

起業に必要なものリスト 経理ソフト

こちらは、経理業務を一括外注する場合を除き、日々の営業収支を自分でチェックするために必要となります。

簡単に扱えるものも多数あるので、自分が使いこなせそうなレベルのものを用意してください。

【17選】起業初心者におすすめの業種・ツール・本・ドメインを紹介】にて経理ソフトも含め、起業初心者の方に必要なツールをまとめています。

17. 関係者への挨拶

起業に必要なものリスト 挨拶

いざ起業し、活動を開始する際には、家族や知人・友人など身近な関係者はもちろん、

例えば会社員のまま起業する際には、現在の取引先や顧客、上司や同僚・部下や関係者に対して、きちんと起業の趣旨を説明し、理解と協力を得ることが必要です。

社会人としての礼儀でもありますが、こうした関係者から思わぬ支援が得られることも多いので、必ず実施してください。

18. マーケティング活動

起業に必要なものリスト マーケティング

事業をアピールするためには必要な活動です。ホームページ上でのアピールに加え、広く普及しているSNSなどを利用したマーケティング活動なども有効となっています。

また、いわゆる「口コミマーケティング」など、学ぶべき手法は多数あります。

講師 菅野一勢
マーケティングは私たち講師が最も重視するところであり、経営者が”唯一やるべき仕事”といっても過言ではありません。
私は過去に2万円のマーケティング費で起業し、現在は年商5億円にものぼる会社に育て上げました。このようにマーケティングスキルが身につけば、小資本で起業を成功させることはできます。

 


アントレカレッジ 起業 オンライン セミナー
 
\今ならオンライン参加無料!/

19. 営業活動

起業に必要なものリスト 営業

マーケティング活動と並行し、対面を中心とした地道な営業活動も必須な項目です。

これまでの人脈や、知己ルートなどを総動員し、営業活動を積極的に展開する意識が必要です。

20. 集客

起業に必要なものリスト 集客

起業準備を整え、事業を開始した後、様々なマーケティング・営業活動を通じて、顧客を獲得していきます。

いわゆる集客です。顧客ベースが徐々に拡大し、リピート顧客が増えてくれば、それに比例して売上げも拡大し、事業の安定経営が可能となります。

起業のために必要なものチェックシート

起業に必要なものリスト

起業”成功”のために必要なのはフレームワーク

起業に必要なものリスト20選

ここまで起業のために必要なものをリスト形式で紹介しましたが、この20個をすべて揃えたら確実に成功できるというわけではありません。

それ以上に重要なのは、成功するためのフレームワークです。

アントレカレッジではこの「フレームワーク」を軸にしながら指導を行うことで、会員様の高い確率で起業・経営の成功に寄与してきました。

ぜひ、無料セミナーに参加して起業”成功”のために必要なフレームワークをご覧ください。

まとめ

起業にあたって最低限必要となるものを20個取り上げて解説しました。

ぜひ、この記事で取り上げた項目はしっかりと確認し、準備を整えてください。その上で、起業を成功させていただくことを期待しています。

 


アントレカレッジ 起業 オンライン セミナー
 
\今ならオンライン参加無料!/

>『幸せな経営者』を1,000人輩出する

『幸せな経営者』を1,000人輩出する

「起業の専門学校-アントレカレッジ-」は、ただ起業家を輩出するだけの学校ではありません。

私たちは約20年もの間、多くの起業家や経営者のコンサルティングをしてきました。 そこで感じるのは、多くの日本の経営者は、売上にとらわれ「くたびれた」「不幸な」経営者ばかりだということです。そんな現状ではますます起業を志す人がいなくなってしまいます。

そこで大事なのは、まさに私たちのような「幸せな経営者」を育成することなのです。壮大なビジョンですが、決して不可能ではありません。 なぜなら、私たち自身が「幸せな経営者」だからです。

私たちがこの20年間で培ってきた経験やスキル、ノウハウを多くの人に広めていきたいと思っています。

CTR IMG