脱サラ起業のおすすめ職種10選!失敗しないためのポイントも解説

脱サラ起業は決して簡単ではありません。何も準備をせずに脱サラをしては、決して成功はできないでしょう。このため、脱サラ起業で成功するには、事前の準備と業種選びが重要です

そこで、脱サラ起業で失敗しないためにするべきことと、10つのおすすめの業種をこの記事でお伝えします。

脱サラ起業に向いている職種10選

脱サラ起業に向いている職種10選

脱サラ起業では職種の選択も重要です。ここでは脱サラ起業に向いている職種を10つ紹介します。

成果物の作成の請け負い

Webライターやプログラム等、成果物の作成を請け負う仕事は低資金で脱サラ起業ができます。案件の獲得も、クラウドソーシングを用いることで容易に可能な点も特徴です。

Webメディアの運営

Webメディアの運営も低資金で脱サラ起業ができます。主な収入源は、広告収入やアフィリエイト、利用者課金等です。

物販

現在の物販事業は、全ての工程をネットで行うことができます。そのため、より顧客や仕入の範囲を広げて事業を行うことが可能です。

運送業

現在はネットショッピングの市場規模の拡大によって運送業界は人手不足であるため、運送業は一定の需要があります。Amazon Flex等を活用することで手軽な起業も可能です。

レンタル業

「物は所有ではなく共有する」という意識の増加に着目した事業です。貸し出す商品は機材や衣類、場所など様々です。

仲介業

顧客と事業者(サービス)を仲介する事業です。顧客が商品を購入することで、事業者から仲介手数料を得ることができます。

代行業

顧客がやるべき事を代行して行い売上を得る事業です。家事代行や退職代行、運転代行などが挙げられます。

コンサルタント業

専門分野に係る助言や支援を行う事業です。経営コンサルタントやイベントコンサルタント等、前職のスキルを活かしやすい業種です。

塾・教室運営

塾・教室の運営は自身の得意分野を仕事にしやすい事業です。一例として学習塾や英会話教室、音楽教室等が挙げられます。

介護業

介護業は現在市場規模が拡大しており、一定の需要が継続しています。一概に介護業と言っても様々で、訪問介護やデイサービス、グループホームなどがあります。

脱サラ起業で失敗しないためのポイント・事前準備5選

脱サラ起業で失敗しないためのポイント・事前準備5選

脱サラ起業で成功するためには、起業の仕方や事前準備が重要です。ここでは5つ解説します。

スキル・知識を身に付ける

脱サラ前の、収入が安定している期間にスキルや知識を身に付けましょう。実際に起業した後になると中々習得に割ける時間を確保できたいためです。

初期資金を溜めておく

脱サラ前に起業の初期資金を溜めておきましょう。全て自己資金での起業が理想で、そうでなくても自己資金割合を高めることが大切です。また、起業資金には当面の運転資金と生活費も3~6ヶ月分程度含めましょう

綿密な事業計画を作成する

脱サラ起業する前に綿密な事業計画を作成しましょう。できるだけ具体的な見込みの値を使用して、利益が出るかを確認します。この段階で赤字である場合、その計画での脱サラ起業は危険です。

副業起業を検討する

まずは副業起業を行い、軌道に乗ったら脱サラすることもおすすめです。会社員としての給与を継続してもらえるため、有効なリスクヘッジとなります。また、自分に起業が向いているのかを判断することも可能です。

低資金で起業な事業を選択する

低資金で起業をすることによって、失敗した際のリスクが減少します。その結果、仮に失敗したとしても撤退、再挑戦がしやすくなります。

まとめ

決して簡単とは言えない脱サラ起業で成功するためには、事前の準備と業界選びが重要です

当記事では、脱サラ起業で成功するためのポイント・事前準備と、10つのおすすめ業種を解説したため、ぜひ参考にしてください。

>【無料配信中】初心者から2年で6億稼いだマーケターが教えるコピーライティングとは

【無料配信中】初心者から2年で6億稼いだマーケターが教えるコピーライティングとは

動画講義では、コピーライティングの基礎や本質的部分を コピーライティングの“超初心者”にも分かりやすいように解説します。

日本トップクラスのコピーライターが日々の実戦の中から得た知恵と具体的かつ実践的なテクニックをお伝えします。

CTR IMG