脱サラの成功例5つを紹介!成功理由を知ることが独立への近道です

脱サラの成功例を知り、失敗せずに起業・独立したいとお考えですか?

その通り、脱サラの成功例から成功の要因を学ぶことで、起業や独立の成功確率は格段に上がります。そこで脱サラの成功例と成功要因を当記事で説明します。

脱サラ起業の成功確率は?

脱サラ後に独立・起業する難易度は低くありません。

中小企業庁によれば、企業の生存率は10年後で約7割、20年後で約5割です。つまり、20年後も事業を続けられる人は約半分なのです。

脱サラ 成功例 企業の生存率
企業の生存率 – 経済成長を実現する中小企業(中小企業庁HPより掲載)

起業家として生き残るには、成功のポイントを抑えた起業をすることが大切です。

脱サラの成功例・成功要因を5つ紹介

脱サラ 成功例

決して簡単とは言えない脱サラですが、成功例を分析すれば成功要因が掴めます。ここでは脱サラの成功例とその要因を5つ紹介します。

副業から始める:グリー株式会社

「グリー株式会社」の創業者である田中良和氏は脱サラ起業で成功した人物の1人です。

田中氏は転職の末、2000年に楽天株式会社に入社しています。そして、会社員時代の2003年にグリーの開発を開始し、翌年に運営を始めました。利用者の増大によって個人での運営が難しくなり、同年10月に退職し、12月に27歳でグリー株式会社を立ち上げました。

この場合、会社員と並行して副業することで、失敗した際のリスクヘッジとなる点がポイントです。

新規市場でシェア獲得:株式会社サイバーエージェント

「株式会社サイバーエージェント」を設立した藤田晋氏も元々は会社員でした。

大学卒業後に人材派遣会社での勤務を経て1998年に起業。当初はインターネット関連の企画事業を主としており、現在はAbemaや人気ソーシャルゲームで年商6,000億円以上を達成しています。

藤田氏は当時、現在ほど主流ではなかったインターネット業界にいち早く目を付けた点が、成功のポイントの1つであると言えます。

過去の経験を組み合わせる:ランサーズ株式会社

秋好陽介氏は、クラウドソーシングサービス「ランサーズ株式会社」の創設者です。

脱サラ起業前は会社員としてインターネットサービスの企画・開発を行っていました。また、大学時代にインターネット関連で起業した経験もあり、受注者・発注者両方の立場を経験したことがこのサービスの発想につながりました。

過去の経験を組み合わせて、需要が伸びる起業アイデアを発見した点がポイントです。

スキルを活かして脱サラ:株式会社muse

勝友美氏は、オーダーメイドスーツ会社「株式会社muse」の創設者です。

勝氏は短大を卒業後アパレルブランドを転々とし、2013に1号店を創業。その後2014年、勝氏が28歳の時に起業。現在では、計3店舗を展開し、ミラノコレクションの出場実績がある等、現在急成長中の企業となっています。

在職中に培ったスキルを用いて起業をした点がポイントです。

低資金で長期的に事業を育てる:坂内学

坂内学氏はバンコク在住のブロガーです。

坂内氏はフィリピン・セブ島で就職しましたが、フリーランスとして独立しました。その後、1度は起業に失敗するものの、ブログで起業して2年後には年収1,800万円を達成しました。

現在ではブログ「manablog」の運営の他に、YouTube活動や投資等、多岐に渡る活動を行っています。

低資金起業ができる事業で、長期的に事業を育てたのがポイントです。

まとめ

当記事では、脱サラの成功例を解説しました。

決して成功率が高いとは言えない脱サラで成功するには、成功者が行ったポイントを押さえることが大切です。当記事を参考にして、脱サラの道筋を明確にしてはいかがでしょうか。

>【無料配信中】クラウドファンディング起業法

【無料配信中】クラウドファンディング起業法

「起業してみたい」と思っても、商品もないし、売り方もわからないし、何から始めれば良いのかと困ってしまいますよね。

そんな悩みを抱える初心者の方におすすめしているのは、クラウドファンディングを使って自分の商品を作ってしまうという方法です。

普通なら、商品の製造・販売に自己資金が必要なところを、支援者から資金を集めてリスクなく商品を作れます。

CTR IMG