【法則】売上の8割りをもたらす2割の顧客(菅野一勢)

どうも菅野一勢です。

みなさんは【パレートの法則】というのを聞いたことがありますか?別名80対20の法則とも言われます。

今回は80対20の法則がどういったものか解説します。

2割の要素が事象の8割を生み出している

どういうことかというと、

・売上の8割は、全商品のうち2割の銘柄が生み出している
・売上の8割は、全顧客のうち2割の顧客がもたらしている
・売上の8割は、全社員のうち2割の社員が生み出している
・仕事の成果の8割は、費やした時間の2割の時間で生み出している

などが例として上げられます。

他にもビジネスだけではなく、100匹のアリのうち、よく働くのは2割だけなど様々なことに当てはまります。

この法則は僕らの実体験としてもその通りだなと思いますので、ぜひこの割合を意識しながら事業を進めて欲しいと思っています。

例えば、売上全体の8割を2割のお客さんがもたらしてくれていると分かれば、もっとその2割のお客さんに喜んでもらって末長く関係を続けていきたいですよね。

優良顧客として特別サービスを提供したり新商品の優先予約権を与えたり、特別なおもてなしなどがいい事例だと思います。

そうやって2割のロイヤルカスタマーを大事にして新商品を提供するとそこでまた多くの人が買ってくれたりします。

航空会社のマイレージ会員などもどれだけ売上に貢献してくれているかでステータスが分かれていますよね。クレジットカードのブラックカードなどもわかりやすい一例です。

ぜひ、あなたも80対20の法則を頭に入れて事業のヒントを見つけていただければと思います。

 

菅野一勢

>【無料配信中】クラウドファンディング起業法

【無料配信中】クラウドファンディング起業法

「起業してみたい」と思っても、商品もないし、売り方もわからないし、何から始めれば良いのかと困ってしまいますよね。

そんな悩みを抱える初心者の方におすすめしているのは、クラウドファンディングを使って自分の商品を作ってしまうという方法です。

普通なら、商品の製造・販売に自己資金が必要なところを、支援者から資金を集めてリスクなく商品を作れます。

CTR IMG