売上300万を達成!受講者が語る「他の起業塾との違い」とは? 尾上さん(仮名)

1.ゼロイチ塾に入会する前に、困っていたこと、悩んでいたことは?

「このまま会社員をずっとやっていってもいいのだろうか…」と漠然とした不安を持っていました。

でも、本当にどうしたら起業ができるのかどうか、どうしたら独立できるのかどうかわかりませんでした。

お金の稼ぎ方もまったく知りませんでしたし、ゼロからどうやって会社から独立できるのか分からないのが不安な点でしたね。

2.入会しようと思った、選んだきっかけは何ですか?

会社から独立するため、入会前にはゼロイチ塾以外にもいろいろな起業塾やセミナーなどを調べていました。

いくつか実際にセミナーを受けてみた中で、アントレカレッジのものが一番感覚的にピンときたんです。

特にゼロイチ塾の話を聞いたのが、決定打となりました。

アントレカレッジも含め、どんな起業塾でも「夢を叶えよう」といった話はされていたんです。

しかし、ゼロイチ塾のセミナーで坂口講師が物販事業の話をした時、

「誰でもできますよ」とか「簡単に稼げますよ」

といったような綺麗事だけじゃなく、お金を稼ぐための具体的なプランを教えてもらうことができました。

こうやって自分だけの力で稼げる力を身につけることができる道のりが提示されていたので、アントレカレッジにしようと思ったのです。

また、物販事業だけではなく、最終的に事業承継にまでいけるという話に関心を持ちました。

自分が独立するまでの綺麗な流れが行動ベースで紹介されていたので「ここなら信頼できる」と確信できたんです。

3.入会前の不安はどんなことがありましたか?

起業塾のセミナーにはいろいろと参加をしましたが、こういった場所ではあまり厳しいことは言われないんです。

これがむしろ「入会前には見えていないような課題が出てくるんじゃないだろうか」という不安につながりました。

お金を稼ぐのは大変なことだというのは当たり前のことだと思うのですが、その大変さが自分の想像の範疇(はんちゅう)を越えていたらどうしよう、と。

あとはやっぱり入会費用も安くはありませんので、それだけのお金を払う価値はあるのだろうかという不安はありました。

もし失敗したらお金も失いますし、自信も持てなくなりますし。

入会前にはこういったことが不安でしたね。

4.どのようにその不安を解消しましたか?

アントレカレッジのゼロイチ塾に入会の意思を示すと、物販事業講師の坂口さんの面談を受けることができました。

その機会に自分が抱えていた不安をざっくばらんに聞いてみました。

そうすると、坂口講師はこう言ったんです。

稼ぐことはできますが、楽してできるわけではありませんよ」と。

入会金が目的の怪しいセミナーだったら、こういう時に否定的な話はしないと思うんです。

でも、坂口講師は当たり前のことをちゃんと言ってくださいました。

稼げるようになる上で大変な道のりを歩まないといけないと正直に言ってくれたからこそ、やってみようという気持ちになりました。

5.どんな結果が出ましたか?

4月末で最高売上300万円、粗利益55万円という結果を出すことができました。

6.効果があったカリキュラムやツールを教えてください

売上300万円を達成することができたのは、スパルタンという本気でやりたい受講者向けのグループのおかげです。

このグループには2020年の12月末から所属していますが、それから4月に結果を出すまで毎日、寝る間を惜しんで物販事業に打ち込みました。

どうやって数字を上げていくことができるのかということを常に考え、プレッシャーを与え続けられました。

アントレカレッジのような起業塾に入ると、甘えが出ちゃうんですよね。

「お金を払ったんだから、向こう側がなんとかしてくれるだろう」と。

でも、ゼロイチ塾に入ったのは自分自身の意思ですし、お客様のようなマインドを捨て去る必要が成功のためには必要だと思います。

お金を払って何かを習う時って、こういった甘い気持ちが生まれてしまうので、これはある意味、起業塾のデメリットかもしれないですね。

でも、講師陣は常に甘えを出さないように指導してくれたので、ここまでの結果を出すことができたのだと考えています。

役立ったツールで言うと、アラートツールですね。

これは物販事業にとって強力なツールで、自分でリサーチをしなくても設定した商品が出品すると通知を飛ばしてくれるものです。

もちろんこのツールを最初から扱えたわけではありませんでした。

扱いが難しいツールですが、努力のおかげで自分の実力が追いついてきたように思います。

7.講師の指導はいかがですか?

「お金を払ったんだから、向こうが教えてくれるでしょう」といった態度になってしまいがちな起業塾。

そういうメンタルを持った人に対して「考えるのはあなた自身だよ」ってスタンスをとってくれたのが良かったです。

もちろん、答えを直接的に教えてくれることもあるんですが、答えよりも「考え方」を教えてくれたことの方が印象に残っています。

基本的には、問い返しが多いが多いですね。

直接的に答えを教えるのは本人のためにはならないと講師もわかっていますし、初回は教えてくれても、それが2回、3回と回が重なっていくと「自分で考えたの?」と指摘されます。

良くも悪くも、手取り足取りじゃないですし、私はそれを優しさと捉えました。

ゼロイチ塾を卒業したら物販事業が終わりというわけでも、経営者を引退するというわけでもありません。

ゼロイチ塾がなくなっても一人でやっていくための考え方、他の塾生や経営者たちとの接しかたなど、これからも長く使える技術や知識を教えてくれました。

アントレカレッジはこういった観点で、他の起業塾とは一線を画しているように思います。

なぜ、他のセミナーと違うのかというと、講師全員が経営者だからだと思います。

「今だけなんとかやれたらいい」という考え方じゃなくて、「これからもずっと生きていくためのノウハウ」を与えてくれるのがアントレカレッジの魅力です。

8.これからの目標は?

最初に設定した目標は60万円の粗利でした。

4月、5月はこれをクリアできなかったんですが、今月6月でスパルタンから抜けることになっているので、なんとか今月には粗利60万円を達成したいですね。

また、これをクリアしたら数値をキープしながら人に任せていくことを考えています。

これまでは副業のかたわらに私だけでやってきましたが、他にもやりたいことがたくさんあるので、それらをやり切るためにも組織化していきたいです。

9.ゼロイチ塾はどんな人におすすめですか?

ゼロイチ塾に合う人の条件をあげるとすると、

  • 本気の人
  • 人の話を聞ける素直な人
  • まずはやってみようと考られる人

という3つです。

反対に、お客様気分・受け身の気持ちで向かっている人は絶対に合わないでしょう。

積極的に自分から動ける人で、この3条件に合っている人であれば、結果を出せるのでは、と思います。

>【無料配信中】クラウドファンディング起業法

【無料配信中】クラウドファンディング起業法

「起業してみたい」と思っても、商品もないし、売り方もわからないし、何から始めれば良いのかと困ってしまいますよね。

そんな悩みを抱える初心者の方におすすめしているのは、クラウドファンディングを使って自分の商品を作ってしまうという方法です。

普通なら、商品の製造・販売に自己資金が必要なところを、支援者から資金を集めてリスクなく商品を作れます。

CTR IMG