コロナ禍で打撃を受けた百貨店にコンサルして受注量を倍増! O様

今回の記事では、物流関係事業の仕事をされているOさんの事例をご紹介します。

Oさんはもともと百貨店などに商品を納入する仕事をされているのですが、コロナ禍の影響で百貨店が営業を停止してしまいました。

その得意先のうち1社が急遽EC通販事業を拡大させる取り組みを始めました。その転換が功を奏し、急激に荷物が増え自社物流センターの作業が追いつかない状況になっていました。

そこでOさんが小口販売の体制をイチから整え、見事に上流(小分け梱包)から請け負う体制を確立。

物流のコーディネートまで担当され、配送全体をコンサルティングすることで受注量を倍増させることに成功しました。

今後は、今回のコンサルタント成功経験を生かして、新規通販立ち上げから提案までを行なっていかれるそうです。

他社を支援しただけではなく、コンサルビジネスにまで視野を広げられているのが素晴らしいですね。

>『幸せな経営者』を1,000人輩出する

『幸せな経営者』を1,000人輩出する

「起業の専門学校-アントレカレッジ-」は、ただ起業家を輩出するだけの学校ではありません。

私たちは約20年もの間、多くの起業家や経営者のコンサルティングをしてきました。そこで感じるのは、多くの日本の経営者は、売上にとらわれ「くたびれた」「不幸な」経営者ばかりだということです。そんな現状ではますます起業を志す人がいなくなってしまいます。

そこで大事なのは、まさに私たちのような「幸せな経営者」を育成することなのです。壮大なビジョンですが、決して不可能ではありません。なぜなら、私たち自身が「幸せな経営者」だからです。

私たちがこの20年間で培ってきた経験やスキル、ノウハウを多くの人に広めていきたいと思っています。

CTR IMG