起業したいけどアイデアがない人が成功する方法4選を具体例で紹介

「起業したいけどアイデアがない」という状況で起業を成功させることは可能なのか。当スクールにもこういった質問が多く寄せられています。

確かに起業する際に全くアイデアがない(=何をするか決まっていない)という状態だと、そもそも事業を始めることはできません。

しかし起業をするにあたって「オリジナリティのあるアイデア」は本当に必須なのでしょうか?

この疑問を解消するため本記事では下記のことを解説します。

  • 起業に独自のアイデアが不要な理由
  • アイデアがない場合の心構え
  • 起業成功のポイント4選

起業のアイデアとは

起業するにあたっては、まず事業の目標やビジョンを明確化し、それに沿って事業計画を策定すること、さらにそれを裏付ける資金の手当てを行うことが肝要です。

それと同時に、社会や市場、顧客に受け入れられる起業のアイデアを構想し、市場にイノベーションを与えるような斬新なアイデアが求められます。

こうした背景から、起業を志す人の多くは、画期的な起業アイデアを求めて様々な起業セミナーに参加したり、書籍を読んでヒントを得たりと、アイデア発見に向けて努力します。

その結果「これだ!」と思えるようなアイデアを引っさげて事業を立ち上げる場合もあるでしょう。

「起業がしたいけどアイデアがない」と悩む人の多くは、「これだ!」と思える独自のアイデアがないことが問題だと考えているはず。

しかし、起業に独創的なアイデアは必須なのでしょうか。

次に、この点について詳しく検証・解説していきます。

起業にアイデアは必要?

先述の通り、起業に当たってのアイデアがないと悩んでいる起業家が多くいますが、そうした人々に共通してみられる傾向があります。

それは「起業にあたっては、これまで誰も取り組んでいない新しいアイデアを用いる必要がある」とか、「起業の成功は最初に提案する起業アイデアで決まる」などと思い込んでいることです。

ところが、起業して成功している多くの起業家は、必ずしも斬新なアイデアを提唱した訳ではありません。

起業したいけれど、アイデアがないと考えている人の多くは、すでに他の誰かが提唱しているビジネスではなく、画期的で独自の起業アイデアを求める傾向があります。しかし実際には、起業アイデアそのもので事業の成功と失敗に繋がることはありません。

もしそうなら、同じ起業アイデアを提唱した起業家は、全て成功するか、または失敗しているはずです。

アントレカレッジ講師の菅野は、既存事業から市場のニッチを探し出して起業する戦略を「2匹目のドジョウ」と呼んでいます。

大手企業の場合は新規市場を開拓する資本がありますが、個人事業主や零細企業の場合は開拓された市場をいかに獲得していくかが重要になります。

そこで、既に一定の需要やビジネスモデルが保証された既存事業を参考にすることで、高確率の成功を掴み取りにいくということが先決です。

もちろん起業アイデアも大事ですが、実際にビジネスを開始すると、むしろ事業をどう進めていくかといった課題のほうが遥(はる)かに重要となります。

起業アイデアは「必須」ではない

いきなり逆説的な(?)解説となりますが、起業したいけれどアイデアがない人のほうが、むしろ事業を成功させるチャンスがあります。

その大きな理由として、自分で起業アイデアを決めている起業家の多くが「自分の好きなこと」や「取り組みたいこと」などをベースにしていることが挙げられます。

実はここに大きな落とし穴があります。それは、起業アイデアの多くが「自分目線」であることです。

自分が好きなことや、やりたいことを追求するのは大切ですが、それが社会や市場、顧客から本当に求められていることかどうかについての検証が欠けています。

起業のアイデアとは、自分の趣味や趣向ではなく、社会や市場から今何が求められているのか?という視点が最も重要なポイントです。このため、独自の起業アイデア(=自己満足)そのものが必須アイテムとはならないのです。

当スクール講師の中村は、下記のように語ります。

自分のこだわりの商品や、すでに持っている商品、自分の強みを活かした商品、自分が好きな商品…「起業したい」という人のほとんどが、こうした商品・サービスを売りたい!と考えています。

「この商品をどうにか売りたいんです。。」

こう、相談に来る人が本当に多いです。

でもその前に…「本当にその商品は、お客さんが求めているものですか?」ということを確認しなければいけません。どんなに良い商品でも、それをお客さんが求めていないと商売にはならないわけです。

引用元:【事業作りの大原則】マーケティングファーストとは?(中村司)

「この商品を売りたい」というのは起業家目線であり、お客さんがどのように解釈するかは分かりません。

この「起業家が陥りがちな問題」を解決するため、アントレカレッジでは「マーケティング・ファースト」の視点をお教えしています。

起業アイデアは起業後に変わる

起業して、事業を軌道に乗せることに成功した起業家の多くは、最初の起業アイデアが理由で事業が成功している訳ではありません。

むしろ、起業後に様々な試行錯誤を繰り返す中で、自然と市場に受け入れられるアイデアが生まれて、成長を拡大するパターンが多いです。

ビジネスアイデアの古典に以下のような話があります。

「穴あきオタマ」

味噌汁をすくうときに具がちゃんとすくえず、イライラしたんだ男性がオタマに穴を開けて具だけをキャッチできるオタマを作りだした

「クリーンエネルギー」

東南アジアでの大気汚染を解決するためにガソリンバイクを電動バイクに置換してクリーンエネルギーを提案した

「格安フランス料理」

高級フランス料理を5,000円で提供することを発想し、原価率を約半減させる一方、顧客回転率を3倍まで高めて、飲食業界の常識を覆すビジネスモデルを構築した

 

起業前に頭の中だけで考えた起業アイデアと、実際に市場で顧客と接していく中で発見したビジネスアイデアは、大きく乖離(かいり)している場合が多いのが現状です。

「はじめに起業アイデアありき」ではなく、ビジネスを展開し、日々試行錯誤していく中で市場に受け入れられるアイデアが生まれるのです。

もちろん、当初描いた起業アイデアがそのまま市場に受け入れられ、成功する場合もあるでしょう。

しかし、現実的な心構えとしては、起業前にアイデアを生み出すことに悪戦苦闘するのではなく、事業を推進する中での様々な気づきをアイデアとして取り入れる心構えが大切です。

起業アイデアと事業成功の関連性

起業した後、事業が成功するかどうかについては、起業アイデアよりもむしろ、起業後必要となる事業運営に関する知識やノウハウが不足していることが大きいです。

下図を見ると、知識・ノウハウ不足によって販売不振に陥り、結果として倒産する中小企業が多いことが推測できます。

中小企業倒産原因状況
中小企業倒産原因状況 – 中小企業庁

実際に自分のアイデアに基づいて事業を開始したけれど、それが本当に市場や顧客に受け入れられるのか調査・確認する方法がわからなかったり、アイデアを実現するために具体的に何をする必要があるのかわかならいという起業家が多数います。

起業アイデアそのものではなく、事業の評価・検収や、改善へ向けての事業変革・修正といった努力のほうが重要です。

起業成功のポイント4選

起業を成功させるためには、単なる自己本位のアイデアだけでは不十分です。以下に、起業を成功させるためのヒントとポイントについて解説します。

1.起業や経営に関する情報収集を行う

起業にあたっては、必要となる様々な情報を収集・分析することが大切です。

起業に関する情報を発信しているチャネルは、起業セミナー書籍だけでなく、ブログやサイトなど多数あります。優良で信頼できる情報を日々確認することで起業へのヒントが得られます。

情報ソースがしっかりしており、情報の根拠が明確で、販売のための煽(あおり)ではない優良サイトを選択することがポイントです。

ただ、起業に関するアイデアが得たいのであれば、やはりセミナーへの参加が手っ取り早いと言えます。しかし、参加にあたってはセミナー選びの基準を知っておかないと時間の浪費につながる可能性もあります。

怪しい?優良?起業セミナーの確実な選び方と活用方法を解説】にて起業セミナーの選定基準を解説しているため、こちらもご参照ください。

2.公的機関や専門家に相談する

起業アイデアは、多くの意見を参照し、普遍的なものへと昇華させることでその確度が高まります。その際、信頼できる公的機関や専門家に相談することがポイントです。

公的機関のアドバイスは、起業環境や各地域の社会・経済状況に精通しており、また私的利益への誘導がなく、偏見が少ないため、信頼性が高いです。

また、信頼できる先輩経営者や起業家、また起業エージェントのコンサルタントなどに相談することで、それぞれの経験に基づいた親身なアドバイスが得られ、起業の参考となります。

3.起業コミュニティに参加する

起業に関するセミナーやコミュニティに参加することで、参加者の臨場感あふれる起業経験を共有し、刺激が得られます。

ここでも、信頼できるコミュニティを選定することが大切です。目安としては、口コミなどを通じた評判や、実績が豊富な講師が参加していることを見極めることがポイントとなります。

当スクールでも起業家同士のつながりを重視しています。下記は、アントレカレッジの会員様で現在は動画制作スクールを運営されている有川陽子様の言葉です。

事業チームのみなさんたちがいつも私に色々知識を教えてくださっています。
私がとても数字に弱いので、特に永江先生や松本さんとかがいつも数字のことなど色々教えてくださって、そういう助け合えたり情報交換ができる仲間のご縁が出来たっていうのが本当にありがたいなって思います。

引用元:異業種の事業家・起業家と交流でき、さらに動画制作のスクールを開講することができました!有川陽子様

講師から指導をするというだけではなく、同じ立場で起業・経営に尽力する仲間から有益な情報が得られる環境は、今後起業を志す方にとっても重要です。

4.世の中の「不便」に注目する

起業アイデアを発見する際に、実は最も有効な方法です。

無理やりアイデアを絞りださなくても、日々の生活上で多くの人が感じるであろう不満や不便を解消することに注目することで、市場に受け入れられるアイデアに繋がります。

次のような具体的な事例があります。

  • ピアノを習いたいけれど、クラシックの入門からはじめるのは抵抗がある:ポピュラー音楽レッスンから入る教室を起業
  • 自宅を建てる際、建築士が書いた間取り図に不満:柔軟な間取りの設計を提案
  • 地方の旅館で、外国人旅行客が英語情報がなく困っている:英語力を活かして情報提供
  • 自宅にサウナがほしい人が多いニーズ:地域周辺でのサウナ情報を提供

上記は一例ですが、この他にも起業のヒントとなる「不便」はたくさん発見できるはずです。

なお、「不便」を見つけるマーケティング手法に関しては【【発想法】新規事業アイデアの生み出し方(中村司)】にて講師・中村が解説をしているので、こちらもご一読ください。

まとめ

起業アイデアに関する問題点やヒント、ポイントついて解説しました。

自己本位に「いい起業アイデアはないか」と悩むよりも、起業を通じた実際の事業運営の中で、様々な経験やヒントを通じて優れた起業アイデアを発見できることが多いでしょう。

この記事を読んで、社会や顧客の動向、改善ニーズに関するニーズを解決するためのアンテナを常に張り巡らせ、日々の事業活動の中で起業アイデアを見つけ出していただくことを期待しています。

>『幸せな経営者』を1,000人輩出する

『幸せな経営者』を1,000人輩出する

「起業の専門学校-アントレカレッジ-」は、ただ起業家を輩出するだけの学校ではありません。

私たちは約20年もの間、多くの起業家や経営者のコンサルティングをしてきました。 そこで感じるのは、多くの日本の経営者は、売上にとらわれ「くたびれた」「不幸な」経営者ばかりだということです。そんな現状ではますます起業を志す人がいなくなってしまいます。

そこで大事なのは、まさに私たちのような「幸せな経営者」を育成することなのです。壮大なビジョンですが、決して不可能ではありません。 なぜなら、私たち自身が「幸せな経営者」だからです。

私たちがこの20年間で培ってきた経験やスキル、ノウハウを多くの人に広めていきたいと思っています。

CTR IMG