起業したいけどアイデアがない!100人に欲しい商品を聞いてみた

起業したいけどアイデアがない人は「5つの方法を取り入れるだけ」で起業の成功確率を上げられることはご存知ですか?

その5つは以下のとおりです。

  1. 起業や経営に関する情報収集を行う
  2. 公的機関や専門家に相談する
  3. 起業コミュニティに参加する
  4. 世の中の「不便」に注目する
  5. 「2匹目のどじょう」を狙え!

この5つを取り入れることで質の高い起業アイデアを生み出すことができ、結果として起業を成功につなげることができます

もしかすると「起業アイデアがないのに成功できるの?」と感じているかもしれませんが、逆に「商品やサービスありき」の事業は需要が少ない市場で起業してしまう可能性もあるのでリスクが高いです。

講師 中村司
アントレカレッジでは「この商品が売れる」という提案ではなく「顧客が〇〇を欲している」という視点でコンサルを行なっており、このやり方で成功している会員様は多いです。

そこで当社の培ったノウハウをもとに起業したいけどアイデアがない人こそ成功できる方法をお伝えします。

また【100人に「こんな商品・サービスあったらいいなと思う商品は?」アンケート】を取りましたので、その結果についてもご紹介します!

ざっくり言うと
  • 起業にアイデアは「必須」ではない
  • 起業したいけどアイデアがない人は、KJ法やポジショニングマップについて調べることがおすすめ
  • 起業については、他にも資金調達やビジネスの基本用語など知ると知らぬで大きく変わることが多数!
  • アントレカレッジでは、日本やシンガポールで活躍する菅野一勢や中村司が自ら、無料のオンラインセミナーで、起業のアイデアと出し方、経営に必要なマーケティングや集客、セールスの重要ポイントについて最新のビジネス事例を元に解説しています!
  • 今なら無料で受講が可能です。
  • ※オンライン受講で自宅から参加出来ます!


アントレカレッジ 起業 オンライン セミナー
\今ならオンライン参加無料!/

起業したいけどアイデアがない人の成功ポイント5選

起業したいけどアイデアがない人の成功ポイント8選

起業を成功させるためには、単なる自己本位のアイデアだけでは足りないです。

本項では、アイデアがない状態で起業を成功させるためのヒントとポイントについて以下の5点を解説します。

  1. 起業や経営に関する情報収集を行う
  2. 公的機関や専門家に相談する
  3. 起業コミュニティに参加する
  4. 世の中の「不便」に注目する
  5. 「2匹目のどじょう」を狙え!

1.起業や経営に関する情報収集を行う

起業 したい けど アイデア が ない

起業にあたっては、必要となる様々な情報を収集・分析することが大切です。

起業に関する情報を発信しているチャネルは、起業セミナーや書籍だけでなく、ブログやサイトなど少なくないです。優良で信頼できる情報を日々確認することで起業へのヒントが得られます

情報ソースがしっかりしており、情報の根拠が明確で、販売のための煽(あおり)ではない優良サイトを選択することがポイントです。

ただ、起業に関するアイデアが得たいのであれば、やはりセミナーへの参加が手っ取り早いと言えます。しかし、参加にあたってはセミナー選びの基準を知っておかないと時間の浪費につながる可能性もあります。

2.公的機関や専門家に相談する

起業 したい けど アイデア が ない

起業アイデアは、多くの意見を参照し、普遍的なものへと昇華させることでその確度が高まります。その際、信頼できる公的機関や専門家に相談することがポイントです。

公的機関のアドバイスは、起業環境や各地域の社会・経済状況に精通しており、また私的利益への誘導がなく、偏見が少ないため、信頼性が高いです。

また信頼できる先輩経営者や起業家、また起業エージェントのコンサルタントなどに相談することで、それぞれの経験に基づいた親身なアドバイスが得られ、起業の参考となります。

3.起業コミュニティに参加する

起業 したい けど アイデア が ない

起業に関するセミナーやコミュニティに参加することで、参加者の臨場感あふれる起業経験を共有し、刺激が得られます

ここでも信頼できるコミュニティを選定することが大切です。

目安としては、口コミなどを通じた評判や実績が豊富な講師が参加していることを見極めることがポイントとなります。

講師から指導をするというだけではなく、同じ立場で起業・経営に尽力する仲間から有益な情報が得られる環境は、今後起業を志す方にとっても重要です。

4.世の中の「不便」に注目する

起業 したい けど アイデア が ない

起業アイデアを発見する際に、実は最も有効な方法です。

無理やりアイデアを絞りださなくても、日々の生活上で多くの人が感じるであろう不満や不便を解消することに注目することで、市場に受け入れられるアイデアに繋がります

5. 「2匹目のどじょう」を狙え!

起業 したい けど アイデア が ない先述の通り、起業に当たってのアイデアがないと悩んでいる起業家が多くいますが、そうした人々に共通してみられる傾向があります。

「起業にあたっては、これまで誰も取り組んでいない新しいアイデアを用いる必要がある」とか「起業の成功は最初に提案する起業アイデアで決まる」などと思い込んでいないでしょうか?

ところが、起業して成功している多くの起業家は、必ずしも斬新なアイデアを提唱した訳ではないです。

起業したいけれどアイデアがないと考えている人の多くは、すでに他の誰かが提唱しているビジネスではない上、画期的で独自の起業アイデアを求める傾向があります。

しかし実際には、起業アイデアそのもので事業の成功と失敗に繋がることはないです。

もしそうなら、同じ起業アイデアを提唱した起業家は、全て成功するか、または失敗しているのではないでしょうか。

もちろん起業アイデアも大事ですが、実際にビジネスを開始すると、むしろ事業をどう進めていくかといった課題のほうが遥(はる)かに重要となります。

アントレカレッジ 起業 オンライン セミナー
\今ならオンライン参加無料!/

起業したいけどアイデアがない人のためのフレームワーク10選

起業したいけどアイデアがない人のためのフレームワーク10選

ここまで、起業したいけどアイデアがない人の成功ポイントを解説してきました。起業アイデアを作るためのヒントがいくつか得られたはずです。

ここからは、企業でも実際に使用されている「起業アイデア作りのフレームワーク」を紹介します。

フレームワークを使うことで論理的に起業アイデアを作ることができるので、主観でバイアスがかかることがなくなります。

下記に紹介する10個のフレームワークを活用してみてください!

  1. KJ法
  2. ブレーンストーミング
  3. オズボーンのチェックリスト
  4. 6W3H法
  5. マンダラート
  6. ポジショニングマップ
  7. アドバンテージマトリクス
  8. SWOT分析
  9. AIDMA(アイドマ)
  10. ペルソナ分析

起業アイデアフレームワーク1:KJ法

起業 したい けど アイデア が ない KJ法

KJ法の利点は、シンプルなアイデアを量産するだけで新しい起業アイデアを生み出すことができるという点にあります。

KJ法で起業アイデアを作る流れを具体的に紹介します。

  1. ポストイットやメモ用紙に簡単な起業アイデアを書き出す
  2. 1で書き出した起業アイデアを似たもの同士で小グループに分けて見出しをつける
  3. 小グループ同士を見ながら親和性の高そうなものを組み合わせて中グループ化する
  4. 中グループ同士の関係性を文章化して新たな起業アイデアを生み出す

このフレームワークのポイントは、一瞬で思いつくような起業アイデアをこれまで思いつかなかったような起業アイデアへ昇華できる点です。

作業①で大量の起業アイデアを作れば作るほど作業④で価値のある起業アイデアが生まれるので、可能であれば複数人でKJ法を試してみてください。

起業アイデアフレームワーク2:ブレーンストーミング

起業 したい けど アイデア が ない ブレーンストーミング

ブレーンストーミングの利点は、複数人が協力して起業アイデアを出すことによって普段は生まれない起業アイデアが生まれる点にあります。

一般的には「とにかく自由にアイデアを出し合うだけ」のフレームワークと捉えられていますが、下記4つのルールを遵守することでより質の高いブレーンストーミングが可能となります。

  1. 他人が出した起業アイデアを否定しない
  2. 非現実的な起業アイデアほど評価し合う
  3. 起業アイデアは中身よりも出す量を重視する
  4. 他人が出した起業アイデアを応用してもOK

特におすすめなのは、他人の起業アイデアに便乗することです。

個人が独立して起業アイデアを出し合うだけなら、複数人でブレーンストーミングをやる意味はありません。

起業アイデアフレームワーク3:オズボーンのチェックリスト

起業 したい けど アイデア が ない オズボーンのチェックリスト

オズボーンのチェックリストの利点は、既存の起業アイデアを9つの視点で見ることができるという点にあります。

下記がオズボーンのチェックリストによって与えられた視点です。

  1. 転用:既存の起業アイデアに他の使い道はないだろうか?
  2. 応用:既存の起業アイデアを他のアイデアに応用できないだろうか?
  3. 変更:既存の起業アイデアの見た目・材質・色などを変えることはできないだろうか?
  4. 拡大:既存の起業アイデアをさらに大きくするとどうなるだろうか?
  5. 縮小:既存の起業アイデアをさらに小さくするとどうなるだろうか?
  6. 代用:既存の起業アイデアを他のもので代用できないだろうか?
  7. 置換:既存の起業アイデアの構成を変えたらどうなるだろうか?
  8. 逆転:既存の起業アイデアの順番・上下・左右をひっくり返したらどうなるだろうか?
  9. 結合:既存の起業アイデアの構成を混ぜたり、組み合わせたらどうなるだろうか?

起業アイデアフレームワーク4:6W3H法

起業 したい けど アイデア が ない 5w1h 6w3h

6W3H法の利点は、既存の起業アイデアを細分化して具象度が挙げられるという点にあります。

ちなみに「5W1H」は聞いたことがある方が多いかもしれませんが、6W3Hは5W1Hに3つの項目を追加したフレームワークです。

下記に6W3Hの項目を記載します。

6W3H法の項目

  • When(いつ):どのタイミングで販売するのか
  • Where(どこで):どこで販売するのか
  • Who(誰が):誰が販売するのか
  • What(何を):何を販売するのか
  • Why(なぜ):なぜ販売するのか
  • Whom(誰に):誰がターゲットなのか
  • How(どのように):どのように販売するのか
  • How many(どれくらい):どれくらいの量を販売するのか
  • How much(いくらで):どれくらいの値段で販売するのか

起業アイデアフレームワーク4:マンダラート

起業 したい けど アイデア が ない マンダラート

マンダラートの利点は、1つの起業アイデアがあれば関連する起業アイデアが無限に生まれる点にあります。

マンダラートで起業アイデアを作る流れを具体的に紹介します。

  1. 3×3のマスを用意する
  2. 真ん中のマスにメインとなる起業アイデアを書き込む
  3. 真ん中のマスを中心として、周囲のマスに関連する起業アイデアを書き込む
  4. 周囲のマスに書き込んだ起業アイデアを1つ選ぶ
  5. 別の3×3のマスを用意して④で選んだ起業アイデアを真ん中に書き込む
  6. 以下、②〜⑤の繰り返し

上記の流れを繰り返すことで、1つの起業アイデアがいくらでも他の起業アイデアになっていきます。

起業 したい けど アイデア が ない マンダラート

すでに起業の方向性が決まっているという方は、マンダラートでメインの起業アイデアを他のものに変えてみましょう。

起業アイデアフレームワーク6:ポジショニングマップ

起業 したい けど アイデア が ない ポジショニングマップ

ポジショニングマップの利点は、競合他社を1つのマップ上に配置することで自分の起業アイデアをどのような立ち位置で市場参入するか可視化できる点にあります。

ポジショニングマップによる起業アイデアの作り方は以下の流れです。

  1. ターゲットユーザーが重視する要素を2つに絞る
  2. 2つの要素をタテ軸とヨコ軸に設定してマトリクスを作る
  3. 競合他社の事業や商品・サービスのポジションをマトリクスにマッピングする
  4. ポジショニングマップを見て、競合他社がいないor少ない場所で起業アイデアを考える

上記の流れで狙っている市場の中からニッチなポジションを探すことができ、結果として市場のシェアを獲得しやすくなります。

アントレカレッジ 起業 オンライン セミナー
\今ならオンライン参加無料!/

起業アイデアフレームワーク7:アドバンテージマトリクス

起業 したい けど アイデア が ない アドバンテージマトリクス

アドバンテージマトリクスの利点は、市場の競争環境を2つの軸で分析して、どういった方向性で起業すべきかを可視化できる点にあります。

アドバンテージマトリクスによる起業アイデア作りは下記の流れで行います。

  1. タテ軸に「市場にある競争要因の数」を設定する
  2. ヨコ軸に「優位性(アドバンテージ)が構築できる可能性」を設定する
  3. ターゲット市場をマトリクス上に配置する
  4. 配置された位置によって、どういった起業アイデアを作るべきか分析する

下図はアドバンテージマトリクスによって分類される4事業の方向性です。

起業 したい けど アイデア が ない アドバンテージマトリクス

4つの事業についても簡単に説明しておきます。

  • 分散型事業:大企業が存在せず、小規模企業が分散している事業。競合が多く優位性構築は困難
  • 特化型事業:競合は多いが、特化した起業アイデアがあれば事業優位性を築くことが可能
  • 手詰まり型事業:零細・中小企業が淘汰され、大企業も優位性の構築が困難
  • 規模型事業:競合が少ないため、規模の利益を追求することで優位性の構築が可能

アドバンテージマトリクスを見ながら、ターゲットとなる市場がどこに配置されるか確認してみましょう。

そうすることにより、どのような起業アイデアにすべきか、もしくは他の市場を探すべきかなどを考えることができるでしょう。

起業アイデアフレームワーク8:SWOT分析

起業 したい けど アイデア が ない SWOT分析

SWOT分析の利点は、自身(自社)の強みや弱点、競合他社の状況やビジネスチャンスなどを可視化できる点にあります。

SWOT分析は4つの英単語の頭文字

  • Strength(強み):競合他社と比べて自分(自社)の優れている点
  • Weakness(弱み):競合他社と比べて自分(自社)の劣っている点
  • Opportunity(機会):起業するのがふさわしいと思われる理由
  • Threat(脅威):起業する上で自分(自社)の脅威となりそうな存在

内部環境(自社)や外部環境(ターゲットとなる市場)を見ながら上記4項目を徹底的に洗い出しましょう。

講師 菅野一勢
内部・外部の要素をすべて1つの表に書き出すことによって状況を整理することで、適切な起業戦略を組み立てることができるようになります。

起業アイデアフレームワーク9:AIDMA(アイドマ)

起業 したい けど アイデア が ない AIDMA

AIDMA(アイドマ)の利点は、顧客が商品・サービスを知ってから購入するまでに至るプロセスを可視化できる点にあります。

AIDMA 5つの英単語と順序

  1. Attention(注目):顧客が商品・サービスの存在を認知して注目する
  2. Interest(関心):顧客が商品・サービスに対して興味や関心を持つ
  3. Desire(欲求):顧客が商品・サービスを欲しくなる
  4. Memory(記憶):顧客が商品・サービスを記憶する
  5. Action(購入):顧客が商品・サービスを購入する

売れる商品・サービスというのは販売導線や購入される理由が明確に理解できます。

反対に、顧客が購入するまでの流れが明確にイメージできない商品やサービスというのは、売れる理由が弱いので起業成功には至らないでしょう。

AIDMAのフレームワークを用いることで顧客がその商品・サービスを購入するかどうかをロールプレイングすることができます。

その際にスムーズに認知から購入までのプロセスを組み立てられるかどうかを、起業アイデアを評価する1つの基準にすることがおすすめです。

ちなみにSNS時代のフレームワークはAISAS(アイサス)もおすすめです!

起業 したい けど アイデア が ない AISAS

起業アイデアフレームワーク10:ペルソナ分析

ペルソナ分析の利点は、ターゲット顧客を極限まで具体化し、顧客のニーズにあったコンセプトの起業アイデアを作ることができる点にあります。

ターゲット顧客を設定する際、例えば「中高年・男性・IT企業勤め」くらいのレベルの具体性しかない状態だと、その顧客のニーズが分かりにくく、顧客に響く起業アイデアが作れない可能性があります。

ターゲット顧客の情報を設定する際には、少なくとも以下のような項目を明確にしておきましょう。

  1. 年齢
  2. 性別
  3. 職業
  4. 価値観
  5. 生活
  6. 趣味

上記の項目を設定するだけでも、1人のペルソナ(ターゲット顧客)が出来上がります。

起業 したい けど アイデア が ない ペルソナ分析

これだけでも、どんな起業アイデアがこのペルソナの心に響くのか、そして響かないのかが分かるはずです。

例えば「ペットの毛が付きにくい麻製の服」がいいかもしれません。広告を出すのであれば、有名どころのアパレル関連スマホアプリがいいでしょう。

社会的地位や服へのこだわりを考えると、値段設定は高級路線で攻めたほうが良さそうです。

このようにペルソナに合わせた起業アイデアを作ることで、一定の層に深く共感される商品やサービスを作ることができます。

アントレカレッジ 起業 オンライン セミナー
\今ならオンライン参加無料!/

起業したいけどアイデアがない人におすすめの起業アイデア3選

起業したいけどアイデアがない人におすすめの起業アイデア5選

最後に「起業したいけどアイデアがない」という方に向けて、リスクが少なく、方法論が確立されている起業アイデアを紹介します。

どうしても「起業アイデアがなくて起業できない」という方は、ぜひ下記のアイデアを参考にしてみてください!

  1. 物販事業
  2. コンサルティング
  3. オンライン教室

起業アイデア1:物販事業

起業 し たい けど アイデア が ない 物販事業

物販事業とは、仕入れた商品を他所で仕入れ額以上の値段で販売するビジネスモデルです。

物販事業は自分に合わせて事業の拡大・縮小がしやすく、すぐに始めることができるというメリットがあります。

例えば、近所のリサイクルショップで相場以下の商品を購入し、メルカリやラクマなどで販売することは簡単です。

本格的に始めるなら、中国のアリババというサイトで工場直売の商品を大量購入し、国内Amazonで販売することもできます。

どちらも物販事業ですが、事業内容は大きく異なります。相場感覚を持ち、安定した仕入れ先を知ることができれば、収益の確実性が高いのが物販事業の魅力です。

アントレカレッジのゼロイチ塾でも物販事業を指導しています。充実したマニュアルと講師陣の指導によって、多くの会員様が成功しています。再現性が高く、起業初心者の方でもしっかりと取り組めるなら成功確率の高いおすすめの起業アイデアです。

ゼロイチ塾に関しても無料セミナーで解説しているので、ぜひご参加ください!

アントレカレッジ 起業 オンライン セミナー
\今ならオンライン参加無料!/

起業アイデア2:コンサルティング

起業 し たい けど アイデア が ない コンサルティング

コンサルティングとは、あなたの知識やノウハウを軸に生徒へアドバイスをすることです。資格や経験がある方はコンサルティング事業で起業ができます。

また、インターネットを介したネットコンサル事業が盛んになっているため、会場費や移動費をかける必要がありません。

講師 菅野一勢
事業に必要なのはあなたの知見なので、費用面でリスクがないのがコンサルティング事業の魅力だと言えます。

起業アイデア3:オンライン教室

起業 し たい けど アイデア が ない オンライン教室

オンライン教室もコンサルティング同様、あなたの知識や資格などを生徒に教えるビジネスモデルです。

インターネット上で開講するため、会場などを用意する必要もなく、費用面でのリスクはほぼありません。

また、オンライン上で行うため生徒数の上限がないこともメリットの1つです。

人気のオンライン教室になれば、一挙に数十人の生徒へ指導することもできるので、事業拡大の観点から言っても有利なビジネスモデルだと言えます。

起業したいけどアイデアがない人へ『80個の起業アイデア本』をプレゼント

起業 したい けど アイデア が ない

起業したいけどアイデアがないというのは、やる気があっても行動する目的がない状態です。そんなあなたのために『ゼロから起こせる起業のアイデア80個』という電子書籍をプレゼントしています。

この書籍の獲得方法は当社主催の無料オンラインセミナーへ参加するだけです。アイデア本の他にも、起業の成功方法や再現可能な成功事例なども詳しく解説します。ぜひ、興味がある方はご参加ください!

まとめ

起業アイデアに関する問題点やヒント、ポイントついて解説しました。

自己本位に「いい起業アイデアはないか」と悩むよりも、起業を通じた実際の事業運営の中で、様々な経験やヒントを通じて優れた起業アイデアを発見できることが多いでしょう。

この記事を読んで、社会や顧客の動向、改善ニーズに関するニーズを解決するためのアンテナを常に張り巡らせ、日々の事業活動の中で起業アイデアを見つけ出していただくことを期待しています。












>『幸せな経営者』を1,000人輩出する

『幸せな経営者』を1,000人輩出する

「起業の専門学校-アントレカレッジ-」は、ただ起業家を輩出するだけの学校ではありません。

私たちは約20年もの間、多くの起業家や経営者のコンサルティングをしてきました。そこで感じるのは、多くの日本の経営者は、売上にとらわれ「くたびれた」「不幸な」経営者ばかりだということです。そんな現状ではますます起業を志す人がいなくなってしまいます。

そこで大事なのは、まさに私たちのような「幸せな経営者」を育成することなのです。壮大なビジョンですが、決して不可能ではありません。なぜなら、私たち自身が「幸せな経営者」だからです。

私たちがこの20年間で培ってきた経験やスキル、ノウハウを多くの人に広めていきたいと思っています。

CTR IMG