起業するには資格があると有利!役立つ資格7選+業種別資格を紹介

「起業するには資格が必要?」とお悩みですか?

起業自体は資格がなくてもできますが、持っておくと役立つ資格はあります。また、起業する業種によっては必須の資格もありますので関連資格は取得しておいて損はありません。

本記事では、起業全般に役立つ資格と業種ごとの関連資格を紹介していきます。

起業に役立つ資格7選

起業するには 資格

まずは起業全般に役立つ資格を紹介します。

税理士

税理士は、会社経営における税務全般の専門家であり、納税・節税などの方法にも精通した知識を持ちます。

また、帳簿・財務の資料の正確性を判断することもできるため、経営リスクを最小限に抑えることができます。

税理士試験 – 国税庁

行政書士

行政書士は、経営・起業に関わる法的書類の作成に携わる資格です。起業前に取得すれば、法人設立時の書類作成や手続きなども自分で行うことができます。

また事業で法的許認可が必要な際も自分で行えるため、外部委託をする必要がありません。

一般財団法人行政書士試験研究センター

社会保険労務士

社会保険労務士は、労働・雇用・社会保険に関する知識を有する資格です。経営者として組織を管理する上で、適切な雇用条件であるかを判断し、環境の是正が可能となります。

会社の労働環境は事業の生産性にも直結し、不当な扱いをすれば訴訟などにも繋がりかねません。社会保険労務士の資格があればリスクを避け、事業を滞りなく進める能力を持つことができます。

全国社会保険労務士会連合会 試験センター

ビジネス実務法務検定

ビジネス実務法務検定は、営業・販売・人事などあらゆる場面で求められる法律知識を習得できる資格です。

例えば、営業先で契約書を締結するとします。その際、本資格があれば契約内容に不備がないかどうかを判断し、トラブルを未然に防ぐことができるようになります。

起業家は事業を作るだけでなく、将来的には経営の必要があります。そんな時にビジネス実務法務検定を取得していれば、会社・自分の身を守ることができるでしょう。

ビジネス実務法務検定公式サイト

日商簿記検定

日商簿記検定は、経理に特化した資格です。日々の細かいキャッシュフローから大きなお金の動きまでを記帳することで資金繰りを確かなものにできます。

また帳簿を読む能力もつくため、お金関係で不備・不正がないかを経営者自ら確かめることができます。

日商簿記検定 – 商工会議所

中小企業診断士

中小企業の経営診断ができるようになり、経営の改善案を検討する専門資格です。人事や財務、税務、マーケティングなど幅広い視野で組織を俯瞰する知識を持てるため、正しい経営判断ができるようになります。

一般社団法人 中小企業診断協会

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、税金やキャッシュフロー管理、保険など会社の幅広いお金を管理する知識が保有できる資格です。この資格を持てば帳簿を正しく読むことができるようになり、有意義な資産運用・リスク削減にも繋がります。

日本FP協会

業種別|起業に役立つ資格一覧

業界資格の例
情報技術(IT)ITパスポート
基本情報技術者
不動産・建築宅地建物取引士
不動産鑑定士
一級・二級建築士
不動産鑑定士
土地家屋調査士
美容JNAジェルネイル技能検定
ネイリスト技能検定
日本エステティック協会認定資格
整体柔道整復師
あん摩マッサージ指圧師
はり師
きゅう師
医療医師
薬剤師
看護師・助産師・保健師
臨床心理士
飲食調理師
専門調理師・調理技能士
管理栄養士
製菓衛生師
食品衛生責任者
防火管理者
その他色彩技能パーソナルカラー検定
キャリアコンサルタント

起業するにはこんな資格があると有利!まとめ

本記事では、起業・経営で役立つ資格を紹介しました。ただし、起業自体に資格が必要というわけではありません。知識が必要だと感じた時に、その都度学び、必要に応じて資格を取得しても良いでしょう。

ただし食品衛生責任者・防火管理者など、業種によっては取得必須の場合もあります。起業する業種ごとに調べ、必要であれば資格の取得を目指しましょう。

>【無料配信中】クラウドファンディング起業法

【無料配信中】クラウドファンディング起業法

「起業してみたい」と思っても、商品もないし、売り方もわからないし、何から始めれば良いのかと困ってしまいますよね。

そんな悩みを抱える初心者の方におすすめしているのは、クラウドファンディングを使って自分の商品を作ってしまうという方法です。

普通なら、商品の製造・販売に自己資金が必要なところを、支援者から資金を集めてリスクなく商品を作れます。

CTR IMG