【無価値】アイデアをビジネスに変える3つのポイント(中村司)

僕らはよく事業アイデアの相談を受けます。

世の中にはすごいアイデアマンがいて、どんどん面白いアイデアを持ってくる人もいます。

しかし、注意してもらいたいのは、

「アイデア」だけでは無価値である。

ということです。

実際に事業として収益をあげてはじめて価値が生まれるのです。

今日は、アイデアをビジネスに変えていく時に必ず考えるべき3つのポイントについてお伝えします。

基礎中の基礎ですが、実はどれかの視点が欠けてしまっている人が非常に多いです。

ぜひチェックしてみてください。

アイデアをビジネスに変えていく時に必ず考えるべき3つのポイント

その商品・サービス・ビジネスには、どのような特徴や強み、他社との違いがあるでしょうか?
どうやって、そのビジネス運営していきますか?
どんな人が、そのビジネスのユーザーになりますか?

この視点が事業アイデアを考える際の基本となります。

「このアイデアは面白い!絶対にウケるはずだ!」とよくリサーチをせずに見切り発車してしまうと、

・すでに似たサービスがあった…
・運営が複雑で自社で回せなかった…
・予想以上に資金がかかった…
・誰も使ってくれなかった…

などと、避けられたはずのミスを犯してしまいます。

「アイデア自体に価値は無い」と言いましたが、それでもアイデアがなければ事業は立ち上がりませんので、どんどんアイデア出しはしてください。

大事なのはその後です。しっかりとリサーチをして、頭の中でリアルにシミュレーションをしてください。

誰に、何を、どのように提供するのか?
どのように運営、拡大をしていくのか?

ただ頭の中で空想しているだけでは、価値を生み出す事業アイデアは創れませんので注意してくださいね。

それでは、
最後までお読みいただきありがとうございました。

中村司

>【無料配信中】クラウドファンディング起業法

【無料配信中】クラウドファンディング起業法

「起業してみたい」と思っても、商品もないし、売り方もわからないし、何から始めれば良いのかと困ってしまいますよね。

そんな悩みを抱える初心者の方におすすめしているのは、クラウドファンディングを使って自分の商品を作ってしまうという方法です。

普通なら、商品の製造・販売に自己資金が必要なところを、支援者から資金を集めてリスクなく商品を作れます。

CTR IMG