脱サラで幸せになる人とは?不幸になる人の決定的な違いを比較解説

脱サラをした人が全員幸せになれるわけではありません。脱サラして幸せになった方がいる一方で、会社員時代の方が良かったと考える人もいます。

そして、脱サラで幸せになる人と不幸な人にはそれぞれ共通点があるのです。脱サラで幸せになるには、その共通点を理解することが重要です。

そこで脱サラで幸せになる人、不幸になる人の特徴をお伝えします。

脱サラして幸せになる人の5つの共通点

脱サラして幸せになる人の5つの共通点

それではどのような人が脱サラで幸せになるのでしょうか。5つの共通点を解説します。

脱サラが目的ではなく手段である

脱サラが目的でなく、目的達成のために脱サラする方は幸せになりやすいです。

「○○で社会貢献する」「○○な生き方をしたい」のように脱サラの目的が明確なため、モチベーションの維持ができるからです。

デメリットを把握した上で脱サラしている

脱サラにはデメリットもあります。デメリットを理解して脱サラすれば後悔することも少ないでしょう。またデメリットを知れば脱サラを止めることもできます。

不安定を楽しめる

脱サラ後は収入が不安定です。急激に収入が下がっても挫けずに、高いモチベーションで起業できることが、脱サラで幸せになる人の共通点です。

一方で、収入に波があることに耐えられない人は、脱サラを後悔してしまうでしょう。

脱サラの準備を入念に行っている

脱サラで成功して幸せになる人は、脱サラを焦らずに入念な起業準備を行っています。脱サラの成功率は事前準備に影響するためです。

参入業界の決定、市場・競合調査、事業計画の作成を行い、成功する裏付けを取ってから脱サラをしましょう。

一定の収入を得ることができる

一定の収入を得ることができることは、脱サラで幸せになるための前提条件です。

会社員と個人事業主の年収は、会社員の方が高い傾向にあります。更に脱サラ後は税金も利益から支払う必要があり、手取りが少なくなる点に留意しましょう。

脱サラして不幸になる人の4つの共通点

脱サラして不幸になる人の4つの共通点

脱サラで不幸になる人もいます。ここでは脱サラで不幸になる人の4つの共通点を解説します。

脱サラ後の目標がない

「なんとなく」で脱サラしている人は決して幸せにはなれません。脱サラ自体が目的となり、脱サラ後が明確でないためです。

そのため「脱サラをして何をしたいのか」を明確にすることから始めましょう。

理想しか考えていない

脱サラ後の理想しか考えていない方は、脱サラで幸せにはなれません。

脱サラには魅力がある一方でデメリットもあります。脱サラのデメリットを把握して受け入れる必要があるのです。

脱サラ後は好きなことだけで起業できると思っている

好きなことで脱サラ起業するのはおすすめしません。「好きなこと=事業」として成り立つとは限らないためです。

また脱サラ後は事務・経理など、雑務をする必要もあります。脱サラをするには、面倒と思われがちな仕事も行う必要がある点を留意しましょう。

大規模な事業を始める

いきなり大規模な借入をしたり、全財産をつぎ込んで起業するのはおすすめしません。借金・大投資はリスクとなり、失敗した際に撤退・再挑戦がしにくくなるためです。

最初は小規模で始められる事業を選び、軌道に乗ったら徐々に規模を大きくしましょう。

まとめ

脱サラには様々な魅力があり、脱サラして幸せになったという人は数多く存在します。しかしその一方で、会社員時代の方が幸せだった方がいることも事実です。

脱サラで幸せになるには、幸せになる人とそうでない人の違いを理解することが重要です。

当記事では、脱サラで幸せになる人の共通点と、不幸になる人の共通点を解説したため是非参考にしてください。

>【無料配信中】初心者から2年で6億稼いだマーケターが教えるコピーライティングとは

【無料配信中】初心者から2年で6億稼いだマーケターが教えるコピーライティングとは

動画講義では、コピーライティングの基礎や本質的部分を コピーライティングの“超初心者”にも分かりやすいように解説します。

日本トップクラスのコピーライターが日々の実戦の中から得た知恵と具体的かつ実践的なテクニックをお伝えします。

CTR IMG