日商とは?意味や計算の方法、事業に役立つ使い方を分かりやすく解説

日商とは1日の売上高の合計を表す経営において重要な要素です。

日商を正しく理解すれば経営分析を効果的に行うことができ、事業の改善にも繋がるでしょう。

そこで、日商の意味や計算方法、役立つ使い方などをこの記事でお伝えします。

日商とは?

日商とは

日商とは「1日における売上高の合計金額」を指します。計算方法は以下の通りです。

日商=商品単価×1日の販売個数

日商と売上高の違い

また、似た意味の言葉に「売上高」があります。売上高と日商の違いは、任意の期間を設定できるか否かです。

売上高は期間を任意に設定でき、1日/1ヶ月/1年と使用方法によって対象の期間を変えることが可能です。

一方で、日商は期間を変えることができず、あくまで「1日」のみの売上高の合計を表します。期間を変えて使用する際は「月商」「年商」のように別の言葉を使用する必要があります。

日商の計算例

日商とは 計算

例えば「商品単価=1,000円」「その日の売上個数=50個」の場合、日商は「50,000円」です。計算方法は以下の通りです。

日商=1,000円×50個=50,000円

他にも、年間の売上高が16,425,000円の場合、日商の平均は「45,000円」です。以下のように計算を行います。

日商の平均=16,425,000円÷365日=45,000円(年間365日営業の場合)

日商の使い方

日商とは 活用

日商は経営分析を行う際に便利な要素です。

例えば、曜日や天気、シフト別に日商を比較することで、一定の傾向に気付くことができる場合があります。その中で、日商が低い日の対策を行うことで事業の改善に繋がるでしょう。

まとめ

日商とは、その日1日における売上高の合計額で「商品単価×販売個数」で求めることができます。

似ている概念である売上高とは、期間の設定ができるか否かの違いがあり、日商は任意の期間に変更できないという特徴があります。

また、自身の経営分析に活用することが有効で、日商を効果的に使用することで、事業の改善に繋がるでしょう。

当記事では日商の意味や計算方法、役立つ使い方などを解説したため是非参考にしてください。

>【無料配信中】初心者から2年で6億稼いだマーケターが教えるコピーライティングとは

【無料配信中】初心者から2年で6億稼いだマーケターが教えるコピーライティングとは

動画講義では、コピーライティングの基礎や本質的部分を コピーライティングの“超初心者”にも分かりやすいように解説します。

日本トップクラスのコピーライターが日々の実戦の中から得た知恵と具体的かつ実践的なテクニックをお伝えします。

CTR IMG