【大富豪】賢き者を近づける秘訣とは?(菅野一勢)

どうも菅野一勢です。

今回は経営者にとって大切なことをお話します。

アンドリュー・カーネギーが残した言葉

みなさんはアメリカ史に残る3大富豪の1人とも言われる鉄鋼王のアンドリュー・カーネギーという人をご存知でしょうか?

僕も彼の思想が好きで勉強させてもらっているんですが、彼のお墓には、以下の言葉が刻まれています。

”自分より賢き者を近づける術知りたる者、ここに眠る”

つまりですね、自分が優れているのは何の自慢でもない、自分よりも優れている人で周りを固められることが自慢である、ということなんです。

自分より賢き者を近づける理由

普通だったら、自分よりも劣っている人についていこうとは思いません。

社長よりも自分が優れていて、自分の方がうまくできると思ったら、すぐに独立してしまいますよね。待遇の良い別の大手に移るかもしれません。

でもそんな中で、自分よりも賢き者に自分の下で働いてもらうためには、どうすれば良いのでしょうか?

その一つが、人格だと僕は思います。「この人のために働きたい」「この人と一緒にいたい」そう思ってもらう必要があります。

社長の仕事は、マーケティングで売上をあげることも1つです。でも会社の規模が大きくなってくると、それだけでは回らなくなります。あなたが一生最前線で働き続けるのも無理があるでしょう。

そんな時に、あなたより優秀な人が会社を支えてくれたら安心ですよね。だから、社長の仕事は、社長自身の人格、つまり器を広げることなんです。

「どんな人についていきたいと思うか?」を考えて、そんな人にあなたはならないといけません。

年商10億円、30億円と伸ばしていきたい、グループ会社を5社も10社も広げていきたい、そんな思いがあるのであれば、今日からあなた自身の人格を磨いていきましょう。

では、社長としての器を広げるために僕が意識してきた3つの格言をあなたにプレゼントします。

ぜひ胸に刻んでおいて欲しいと思います。

<人を動かす>
やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ
<人を育てる>
話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず
<人を実らす>
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず

それでは、今日から自分磨きを頑張っていきましょう!

菅野一勢

>【無料配信中】クラウドファンディング起業法

【無料配信中】クラウドファンディング起業法

「起業してみたい」と思っても、商品もないし、売り方もわからないし、何から始めれば良いのかと困ってしまいますよね。

そんな悩みを抱える初心者の方におすすめしているのは、クラウドファンディングを使って自分の商品を作ってしまうという方法です。

普通なら、商品の製造・販売に自己資金が必要なところを、支援者から資金を集めてリスクなく商品を作れます。

CTR IMG