3つの集客戦略で新規顧客が毎月10名以上!その方法を公開 Y.Hさん

3つの集客戦略で新規顧客を毎月10名以上獲得

今回の記事では、マッサージ店を経営されている Y.Hさんの成功事例をご紹介します。

Y.Hさんはこれまで集客をした経験がありませんでした。

というのは「広告費用は高額だからそんな予算はかけられない」と思い込まれていたからでした。

しかし、少額費用で可能な集客方法をご紹介し、以下の3つを実践した結果、開業以来初の新規顧客ご来店2桁を達成されました。

本記事ではその集客戦略を公開します。

Y.Hさんの実践事例紹介

Y.Hさんが集客で成功されたのは、様々な集客戦略を行ったからです。以下にY.Hさんが実際に行われた集客方法をご紹介していきます。

① Google Map簡単攻略法

これは無料で簡単にできて効果絶大なので、この記事を読まれてるあなたもすぐに実践できます。

それは、Google Map上で表示される店名に「地名」を加えておくというものです。

「山田接骨院」というお店を例にして考えて見ましょう。

この場合、Google Mapの登録の際に「山田接骨院」という店名だけをつけるよりも「川崎 山田接骨院」で登録しておくということです。

そうすると、Googleで検索した人が「川崎 接骨院」で検索した時にGoogle Mapで上位表示される確率が高まります。

Y.Hさんは、店名の前にお住まいの都道府県名をつけ、地図を検索した際にお店が表示されるになりました。

これだけで、今までほとんどアクセスがなかったHPに継続してアクセスが来るようになり、早速「Google Mapを見た」という方お一人新規来店がとれたということです。

激戦区ではすでに対策してるお店が多いようですが、地方だと未実施のお店も多く効果絶大なのでぜひ試してみてください。

② チラシ(新聞折込と自力ポスティング)

時期や商材にもよりますが、一般的にはチラシの反応率はおよそ1,000件に1件の反応があれば合格ラインだといわれています。

Y.Hさんはまず1,000件の新聞折込チラシからスタートし、さっそく1件の反応を得ることができました。

そこで「これはいける」と判断し、さらに3,000枚を配布。そして、6件の反応が取れました。

あと200枚は土曜の夜と日曜朝に自力でポスティングしたところ、そこからはなんと3件の来店がありました。

Y.Hさんが作成したチラシは手書きのものでしたが、Wordソフトなどで作るものよりも見る人に親近感を与え、成約率が上がると言われています。

これらの結果を踏まえてY.Hさんより「来月は倍の新規来店を目指し、チラシの印刷中です」との意気込みをいただきました。

また、下記のようにもコメントをいただいています。

「自分の広告に対する見方が明らかに成長してきたと感じています。」

「ほんの数ヶ月前まで何とも思わなかった過去の自社HPやチラシを見ると、なぜお客様がいらっしゃらなかったのかが分かります。」

③ Facebook無料集客

毎日のFacebook投稿など、地道に指導内容を実践し、スタート時にはゼロだった友達数が約2ヶ月で3,000人を超え、ついにFacebookからも1人新規来店を獲得しました。

今までほとんど新規来店がなかったのが、今月だけで新規のお客様が2桁を超えて、 Y.Hさんと奥さんが一番驚いたのだそうです。

また、これらの実践から半年ほど経過した時点で、チラシでの集客よりもFacebookでの無料集客の方が主流となっているとのこと。

現在では、毎月安定して新規来店が10人程度取れるほどの成功ぶりで、SNSを使ったWeb集客は非常に効果的であったと感じられています。

まとめ

今回はマッサージ店を経営されている Y.Hさんの成功事例をご紹介しました。

アントレカレッジでは会員様1人1人の状況に合わせて、オーダーメイド型のコンサルティングを行っています。

今回はY.Hさんが行われた3つの実践を解説しましたが、これまで100種類以上の事業経営を経験した講師からのコンサルティングではさらに数多くの戦略を提案可能です。

本記事でアントレカレッジのコンサルティングに興味を持たれた方は、ぜひ無料の3時間オンラインセミナーにご参加ください。

>『幸せな経営者』を1,000人輩出する

『幸せな経営者』を1,000人輩出する

「起業の専門学校-アントレカレッジ-」は、ただ起業家を輩出するだけの学校ではありません。

私たちは約20年もの間、多くの起業家や経営者のコンサルティングをしてきました。 そこで感じるのは、多くの日本の経営者は、売上にとらわれ「くたびれた」「不幸な」経営者ばかりだということです。そんな現状ではますます起業を志す人がいなくなってしまいます。

そこで大事なのは、まさに私たちのような「幸せな経営者」を育成することなのです。壮大なビジョンですが、決して不可能ではありません。 なぜなら、私たち自身が「幸せな経営者」だからです。

私たちがこの20年間で培ってきた経験やスキル、ノウハウを多くの人に広めていきたいと思っています。

CTR IMG