【真逆】社長が今からするべき努力とは?(菅野一勢)

どうも菅野一勢です。

みなさんに一つ質問です。「最近いつ、人を褒めましたか?」

もしあなたが社長や経営者、もしくはマネージャーなど管理職で、人の上に立つ立場であれば【褒める努力】をしなければいけません。

徳川家康が実践した「褒める努力」

普通、人は褒められたいので、上司に褒められるために、家族に褒められるために、部下から尊敬されるために「褒められる努力」をしますが僕らは逆です。

上司に褒められるために、家族に褒められるために、部下から尊敬されるために

別に経営者じゃなくても「あなたが成功したい、幸せになりたい、豊かになりたい」と思うのであれば、まずしなければいけないことは、人を褒めることです。決して、張り合うことではありません。

”武将より強い殿様はいない”という言葉があります。例えば、徳川家康の周りにも四天王と呼ばれた酒井忠次、本多忠勝、榊原康政、井伊直政などなど優秀な人はたくさんいました。

そんな彼らに、徳川家康は「嫉妬したでしょうか?競い合ったでしょうか?」

そうではなく、徳川家康は彼らを褒め称えたからこそ、周りの人がついてきたのです。家康の人柄に魅了されたからこそ、周りに支えられて天下を取ることができたのです。

経営者に必要な仕事

社会には自分より才能がある人なんてのは、山ほどいます。いちいち競い合っていたら何も進みませんし、そもそも良い関係が作れません。

確かに、会社が小さい時などは、社長のあなたが一番仕事ができるでしょう。だからと言って、全ての仕事を自分でやっていたら、人を雇う意味がありません。1人社長と同じです。

つまり、スケールできないのです。気持ちはもちろん分かります。

僕だって若い頃は、スタッフと競い合うこともありました。営業の契約数で、いちいちスタッフを打ち負かしましたし、スタッフのコピーライティングが上手くなると、「いやいや、俺の方が上手いから!」とか言って自分で書いて勝負したり、、

結局自分の力を見せつけることで、自分一人が気持ち良くなっていただけなんですよね。それじゃあ人は育ちませんし、人はついてきません。

あなたの周りに才能溢れる人材が集い、あなたもスタッフも気持ち良く成長し、みんなで成功を分かちあうためには、あなたがするべきことは、競い合うことでもなければ、嫉妬することでもありません。

人を褒めることです。それが僕らの仕事です。

褒めるチャンスを探す

日本人は特に、褒めるのが苦手ですから、意識しておかないとできません。常にスタッフや周りの人を観察し、「褒めるチャンス」を探してください。

そうすると、人の良い面に目がいきますし、だんだんと心から、素直に褒めることができるようになります。

些細なことですが、これだけで会社の雰囲気はもちろん、売上だって、あなたの豊かさだって格段に変わってきます。

ぜひ、今からでも実践してください。褒める達人になりましょう!

菅野一勢

>【無料配信中】クラウドファンディング起業法

【無料配信中】クラウドファンディング起業法

「起業してみたい」と思っても、商品もないし、売り方もわからないし、何から始めれば良いのかと困ってしまいますよね。

そんな悩みを抱える初心者の方におすすめしているのは、クラウドファンディングを使って自分の商品を作ってしまうという方法です。

普通なら、商品の製造・販売に自己資金が必要なところを、支援者から資金を集めてリスクなく商品を作れます。

CTR IMG