【これNG→】自分のことしか見えてない人(中村司)

ども、中村です。

特に初心者に多いのですが、、「自分のことしか見えていない」という人が多いです。

どういうことかというと、

「サービス内容はこうしたらいいですかね?」
「チラシを配って効果があるんでしょうか?」
「WEBサイトに何を書いていいか分かりません」

などなど、、このように色々質問してくる人がいますが、

まずは、「ライバルは何をしているか?」を徹底的に調べてください。

・ライバルのサービス内容はどのようなものか?
ライバルはどうやって集客しているのか?
・ライバルのWEBサイトには何が書かれているのか?

大抵のことはわかるはずです。

そうやって他社(ライバル)が何をやっているのかがわかれば、自ずとあなたがやるべきことが見えてきますよね。

これを競合リサーチと言ったりしますが、このリサーチが全然できていない人がいます。

自分(自社)のことでいっぱいいっぱいで、周りが見えていないのです。

でもよく考えてください。

お客さんは、商品・サービスを購入するとき、あなたの会社だけを見て、そのまま買ってくれる人はほとんどいないはずです。

類似商品を扱っている他社と、価格や機能、品質、信頼性、好み、、などなど色々な面を比べています。

あなたやあなたの商品は、いつでも比較されていると意識してください。

であれば、あなたがやるべきことは、比較されうるライバル(競合)に勝つことですよね。

勝つというと語弊があるかもしれませんが、あなたが狙ったお客さんに選んでもらう必要があるわけです。

そのために、何をするか?を考えましょう。そしてそのためには、まずはライバルが何をしてるのか?

どのように集客をしていて、どのように購入まで誘導していて、どのようなフォローアップがあるのか?全て理解する必要があります。

場合によっては、そのお店に実際に行って購入してみたり、オンラインで会員登録をしてみたり、実際にライバルの商品・サービスを購入してそのマーケティングフローを体験してみましょう。

それくらい、徹底的に競合リサーチをすることは重要です。

あなたの市場にどのような競合がいるか知らなければ、適切なポジショニングを取ることもできないでしょう。

【徹底的な競合リサーチ】

忘れないでくださいね。

 

中村司

>【無料配信中】クラウドファンディング起業法

【無料配信中】クラウドファンディング起業法

「起業してみたい」と思っても、商品もないし、売り方もわからないし、何から始めれば良いのかと困ってしまいますよね。

そんな悩みを抱える初心者の方におすすめしているのは、クラウドファンディングを使って自分の商品を作ってしまうという方法です。

普通なら、商品の製造・販売に自己資金が必要なところを、支援者から資金を集めてリスクなく商品を作れます。

CTR IMG