【日本一】新規事業を成功させる方法(中村司)

どうも中村です。

新規事業を立ち上げる時に、必ず意識して欲しいことがあります。

それは…

【No.1】になれないか?

ということです。

今は、基本的にはどんなビジネスであってもライバルがたくさんいます。

逆にブルーオーシャンで競合が全くいない!なんて市場は、儲からないか、お客さんが求めてない市場だったりします。

そこで、あなたが事業を始める時には、並み居る競合の中で、何かで頭一つ上抜けないといけません。そうしないと、誰もあなたに気づきません。

これをポジショニングだったり、USPと言ったりします。

目次

USPとは

USPは「独自の売り」のことです。

例えば、業界No.1とか日本一、とか何かで優勝したとか、金賞を受賞した、など、NO.1というのは非常に強いUSPになります。

でもこう言うと、、、「ウチにはNo.1になれるものはありません。。」という人が多いんですが、それは自ら創りにいくものでもありますし、実はすでにNo.1になっている可能性もあるのです。

なにも、化粧品業界で資生堂など大手を抑えて売上No.1を獲れ!ということではありません。どんなに小さなカテゴリーでもいいので、その小さなニッチ市場のNo.1を狙うのです。

例えば、アパレルでも、ユニクロやZARAを相手にするのではなく、20代男性むけの白Tシャツ専門店など超ニッチを狙っていくのです。そこで白Tシャツの品揃えが多ければ、20代男性むけの白Tシャツの種類が日本一豊富であると言えますよね。これだけでも十分注目を集めることができます。

他にも、商品ではなく「人」についても同じくNo.1は効果的です。

例えば、僕らの弟子としてシンガポールで事業をスタートした星野くんは、全くのビジネス初心者の普通のテニスコーチだったんですが、なぜ採用したか、というと、短大のテニス全国大会で2年連続で優勝してたからです。

彼は当然テニスは上手いんですが、大学の全国大会ではなく短大なので、競合は少なかったんです。それでもニッチ市場でNo.1を2回もとっていることは強力なUSPになるのです。

このように、既存事業でも新規事業でも、小さなニッチ市場でNo.1になれないか?

ということを考えてみてください。

それは強力なUSPとなり、あなたの事業を成功へと導いてくれます。

 

中村司

スマホCTAPC CTA

席を確保する
1分で登録可能
>『幸せな経営者』を1,000人輩出する

『幸せな経営者』を1,000人輩出する

「起業の専門学校-アントレカレッジ-」は、ただ起業家を輩出するだけの学校ではありません。

私たちは約20年もの間、多くの起業家や経営者のコンサルティングをしてきました。そこで感じるのは、多くの日本の経営者は、売上にとらわれ「くたびれた」「不幸な」経営者ばかりだということです。そんな現状ではますます起業を志す人がいなくなってしまいます。

そこで大事なのは、まさに私たちのような「幸せな経営者」を育成することなのです。壮大なビジョンですが、決して不可能ではありません。なぜなら、私たち自身が「幸せな経営者」だからです。

私たちがこの20年間で培ってきた経験やスキル、ノウハウを多くの人に広めていきたいと思っています。

CTR IMG