売上高の求め方は?定義や使い方、損益計算書との関係を解説

会社経営において「売上高」は非常に重要な要素です。なぜなら会社の重要決算書である損益計算書の全項目は売上高を基礎として計算を行っているためです。

売上高の求め方や定義が分からない場合、会社の経営状況が判断できずに、適切な意思決定ができなくなってしまいます。そこで、売上高の求め方や定義、使い方をこの記事でお伝えします。

売上高とは?

売上高 求め方

「売上高」とは損益計算書上における項目の1つで、サービスや商品を提供した際に対価として得た売上の総額を指します。

売上高を計算する期間は、任意で設定することが可能です。月区切りや各曜日、年間等、活用数場面に合わせて設定しましょう。通常、事業者はこの売上高を上げるために様々な対策を行います。

売上高は利益とは異なる

間違いが多いのが、売上高は利益とは異なるという点です。

利益は売上高から費用を差し引いた値であるため売上高よりも低い値となります。そしてこの利益が、儲けの額であり、大きいほど会社は成功していると言えます。

反対に言えば、売上高が高くても同じだけの費用を支払っていれば、会社の利益はゼロということです。そのため、売上高のみで会社の成功を判断することはできません。

売上高は事業規模を表す指数

売上高は事業規模の大きさを測る指数ともなります。売上高が大きければ(利益が出ているかは別として)大規模な事業を行っているということです。

そのため、自社の経営判断や取引先の信用性の判断等にも活用することができます。

売上高は損益計算書を作成する基礎となる

会社の重要な決算書の1つに「損益計算書」があります。損益計算書では会社が最終的にどのくらい儲けたのかを様々な項目を用いて計算します。

そして損益計算書の一番上に記載される要素が売上高です。つまり売上高を把握できていなければ、他の項目は計算できず、最終的に自社がいくら儲けたのかを判断することができません。

売上高の求め方

売上高 求め方

売上高の求め方は「商品の単価×販売数量」です。

例えば「1つ100円の商品を1,000個販売した」場合の売上高は「100,000円」です。以下のように計算を行います。

100円×1,000個=500,000円

まとめ

「売上高」とはサービスや商品を販売した際に、その対価としていた金額の合計です。

事業規模の判断や、損益計算書の作成において必須の要素となるため、会社経営に携わるならば必ず理解をしましょう。当記事では売上高の求め方や定義、活用方法を解説したため是非参考にしてください。

スマホCTAPC CTA

席を確保する
1分で登録可能
>『幸せな経営者』を1,000人輩出する

『幸せな経営者』を1,000人輩出する

「起業の専門学校-アントレカレッジ-」は、ただ起業家を輩出するだけの学校ではありません。

私たちは約20年もの間、多くの起業家や経営者のコンサルティングをしてきました。そこで感じるのは、多くの日本の経営者は、売上にとらわれ「くたびれた」「不幸な」経営者ばかりだということです。そんな現状ではますます起業を志す人がいなくなってしまいます。

そこで大事なのは、まさに私たちのような「幸せな経営者」を育成することなのです。壮大なビジョンですが、決して不可能ではありません。なぜなら、私たち自身が「幸せな経営者」だからです。

私たちがこの20年間で培ってきた経験やスキル、ノウハウを多くの人に広めていきたいと思っています。

CTR IMG