【七五三】絶対に成功する商売のちょっとした秘訣(菅野一勢)

経営者に必要な七五三の法則

ども、菅野です。

商売において「また」ということを必死に考えていれば絶対に成功します。

あなたのお店は、

  • お客さんが「また」来たいと思ってくれますか?
  • お客さんが「また」あなたの笑顔を見たいと思ってくれますか?
  • お客さんが「また」あなたの料理を食べたいと思ってくれますか?

 

商売人にとっての魅力とは、

「またあなたから買いたい」

なんです。

【七五三】の法則とは

聞いたことある人も多いと思いますが、【七五三】の法則というのがあります。

  • 3回くれば、そのお客さんは常連となり、
  • 5回くれば、一生通ってくれます。
  • 7回くれば、孫の代までくる、と言われています。

あなたやあなたのお店、会社は、お客さんが「また」来てくれるための努力をしていますか?

イメージできない人は、あなた自身の行動を振り返ってみてください。

  • 行きつけのレストランや飲み屋、毎回行く美容室、いつも同じところで服を買ったり、化粧品を買ったりしていませんか?
  • ヒイキにしているお店はありませんか?

そういうお店では、何か工夫がされていたり、店員さんに魅力があったりします。

愛のこもった気遣いが「また」に繋がる

例えば、ラーメン屋さんだったら、次回来た時に使える割引チケットや煮卵の無料券を配ったり、ポイントカードがあったり、、

もしくは、自分の好みを覚えてくれていて、「麺は固め、油は普通、味は濃いめで よろしいですか?」とか「今日は調子悪そうですね?油少なめにしておきましょうか?」なんて声をかけられたら、、どうでしょう?

そのお店をヒイキにしちゃいませんか?

ちょっとした、愛のこもった気遣いがあったりするだけで、全然印象が変わりますよね。それだけで、お客さんは「また来よう」って思ってくれるんです。

僕がよく行くお店でも、そこのお店のお釣りは必ず「ピン札」で返ってくるんです。ちょっと嬉しい気持ちになりませんか?

銀行にいけばすぐにピン札に変えてくれますよね?

覚悟を決めて商売に向き合う

このような、ちょっとした努力をあなたはちゃんとしていますか?

【753】を意識して、お客さんが「また」あなたから買いたい、「また」来たい、と思われるように、覚悟を決めて商売に向き合ってくださいね。

それでは今日はこの辺で!

最後までお読みいただきありがとうございました。

菅野一勢

>『幸せな経営者』を1,000人輩出する

『幸せな経営者』を1,000人輩出する

「起業の専門学校-アントレカレッジ-」は、ただ起業家を輩出するだけの学校ではありません。

私たちは約20年もの間、多くの起業家や経営者のコンサルティングをしてきました。 そこで感じるのは、多くの日本の経営者は、売上にとらわれ「くたびれた」「不幸な」経営者ばかりだということです。そんな現状ではますます起業を志す人がいなくなってしまいます。

そこで大事なのは、まさに私たちのような「幸せな経営者」を育成することなのです。壮大なビジョンですが、決して不可能ではありません。 なぜなら、私たち自身が「幸せな経営者」だからです。

私たちがこの20年間で培ってきた経験やスキル、ノウハウを多くの人に広めていきたいと思っています。

CTR IMG